「狭い部屋をレイアウト」して「広く魅せるお部屋」にしてみない?

我が家にいてもなぜか落ち着かない、イライラする…そんな気分の原因は、狭い部屋にあるのかもしれません。せっかくだから、広々とした開放感のある、素敵な我が家にして心も身体もリラックスしたいですよね☆今回は、狭い部屋を広く魅せる夢のような方法をご紹介したいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/01/24 公開 | 1728 view

「狭い部屋をレイアウト」して「広く魅せるお部屋」にしてみない?

「部屋が狭い・仕方がない」と諦めてはいませんか?

 (24230)

子供がいると必然的に家族の人数が増え、物も増えます。物が増えると家中がごちゃごちゃして生活できるスペースもなくなり、狭くなってしまいますよね。部屋が狭いと気持ち的にもイライラして、片づけない子供に対しても怒ってしまうなど、穏やかに生活することが出来なくなってしまいます。

「でも部屋の広さは変えられないし、しょうがない…」と諦めている方!実は、諦める必要は全くないのです!

部屋の広さは変わらないのに、部屋を広くする方法があるんです☆これからご紹介する方法を使えば、狭い部屋でもイライラする事無く、家族との楽しい時間を過ごせる広々としたステキな部屋をつくる事が出来ちゃいます。

それでは早速、その魔法のような方法をご紹介したいと思います☆

狭い部屋でも「広く魅せる」ことはできる!

 (24231)

狭い部屋を広くすることは出来ないのならば、様い部屋を広く魅せればよいのです。
人は目で見た「見た目」から得る情報量が多く、この見た目からの情報で判断されることが多いのです。

今回の方法は、この「見た目」を様々な方法でコントロールし、広さを錯覚させることにより狭い部屋でもストレスなく生活できる程の広さのある部屋にしてしまう方法です。

例えば、あなたのお家の床を見てみて下さい。部屋中の床一面にラグが敷き詰められていて、床面が隠れていませんか?
もし当てはまるなら、ラグの大きさを調節し床面が多く出るようにしてみて下さい。すると、驚くほどに部屋が広く感じられるようになるのです!

このように、見た目を変えるだけで劇的に部屋の印象が変えられます。

床面の方法以外にも、これからご紹介するポイントを押さえれば簡単に部屋を広く魅せる事が出来るので、是非試してみて下さい☆
木のぬくもり「カフェ風」コーデ: ひとり暮らし研究所〜おしゃれインテリア実例集〜 (23720)

ラグを小さめにして床面を広く出すことで、ワンルームでも広々とした部屋に見えますよね☆
 (23721)

部屋の中の物を同一色相で統一すると、全体的に広く感じられます。
かーてんやさんのひとりごと 天井を高く見せる方法 (23722)

カーテンは光を取り入れるために縦のラインが出るタイプのブラインドをチョイスし、下げる位置は窓枠ではなく天井からの方が高さが出て広く魅せる事が出来ます。

広く魅せるコツ①家具の高さ

 (24232)

部屋を広く魅せる1つ目のコツは、「壁面を多く見せる事」です。これには家具の高さが大きく関係しています。

あまり高さのある家具を狭い部屋に置いてしまうと、壁面が隠れてしまうのはもちろん、圧迫感がありより狭い空間に感じてしまいます。

狭い部屋には背が低めの家具を置くことで、人が立った時の目の位置に壁面が表れ、広く感じます。又、ローベッドを選ぶなど、同じぐらいの背の低い家具で統一すると天井の低い部屋でも高さがあるように感じ、窮屈さを感じなくなります。

ソファーやテーブルは脚があるデザインのものを選ぶと、ソファーと床の間に隙間ができて広さを感じることが出来ます。

広く魅せるコツ②空間の色

 (24233)

部屋を広く魅せるコツの2つ目は部屋中の色合いです。壁紙や家具は部屋の大部分を占めるので、これらの色使いを変えるだけで大きく部屋の広さの印象を変えることが出来ます。

男性によくある黒などのダーク系の色で部屋をまとめるコーディネートですが、残念ながら部屋をより狭く見せてしまっている可能性があります。
黒などの暗い色は「収縮効果」があり、小さく引き締まって見えてしまうので部屋を広く見せたい時には不向きな色と言えます。

黒などのダーク系が向いている部屋は、広さを重視しない寝室などにおススメです。寝室をダークカラーでまとめると明るさや広さを抑えてくれて、落ち着いた空間になります。

逆に白やベージュなどの色で壁紙や家具を揃えると、明るさも出て広く感じられるようになります。白はよく「膨張色」とも言われますが、インテリアの中ではこの膨張が部屋を広く見せてくれる効果があるのです。広々とした空間が合うリビングなどにはぴったりの色ですね。

広さを出すには白が最も良いですが、明るすぎて落ち着かないという方は、ベージュなどの色で統一すると、広さも感じられながら落ち着いた明るさの中で生活することが出来るので、こちらもおススメです。
39 件

関連する記事