ママのアイデアや経験を活かして女性起業家になろう!手続きの方法から助成金についてもご紹介!

起業と聞くとあまり女性のイメージがあまりありませんが、実はママでも起業している方は沢山います。起業は一見難しそうに感じますが、意外と簡単に始める事が出来るのをご存知ですか?そこで今回は、女性起業家になる為の手続きや助成金についてご紹介します。また、日本で活躍する女性起業家についてなど起業の参考になる本もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。ママのアイデアや経験・知識を活かして女性起業家を目指しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2019/07/23 公開 | 28 view

ママのアイデアや経験を活かして女性起業家になろう!手続きの方法から助成金についてもご紹介!

日本の女性起業家はどのくらいいるの?

 (159273)

✔︎そもそも起業とは?

起業とは新しい事業を始める事です。

起業というと男性がするイメージがありますが、中には女性で起業する方もいます。
また最近ではママが起業する事もあり、アイデアや自身の経験を生かした経営をしているママもいます。

✔︎日本の女性起業家はどのくらいいるの?

総務省(平成19年 男女別・年代別の起業家数)

総務省(平成19年 男女別・年代別の起業家数)

やはり男性に比べて女性の起業割合は低いですが、それでも30代女性の起業家は平均1万1千人もいます。

日本人女性の人口が約6万400千人なので、約17%の日本人女性が起業している事になります。
10人中1〜2人は起業家といった割合ですね。

個人で起業するにはどんな手続きが必要?

Tax Forms Income - Free photo on Pixabay (159267)

起業するには2種類あり、個人事業として起業するか法人設立するかのどちらかになります。
今回は個人事業として起業する場合の手続きについてご紹介します。

個人事業とは?
法人より比較的事業規模が小さく、個人で開業することを指します。
法人に比べて、個人事業は手続きも簡単で始めやすいのが特徴です。

個人事業の開業手続きについて
個人事業の開業届は、税務署に開業届を提出します。
事業開始1ヶ月以内に提出する決まりがあるので気をつけましょう。

また個人事業の場合、税金の申告は自分でしなければなりません。
その為、青色申告か白色申告のどちらかの手続きの申請書も一緒に提出しておきましょう。
Income Tax Calculator Accounting - Free photo on Pixabay (159323)

開業届を提出したら起業完了!
あっけないくらい簡単ですが、個人事業の場合、開業届を提出すれば起業した事になります。
法人に比べて個人事業であれば、ママもチャレンジしやすいですよね。

個人で起業する際の資金と助成金について

37 件