「おやき」は離乳食後期の手づかみ時期におすすめ!具材たっぷりのヘルシーレシピ大公開♪

「おやき」を離乳食に取り入れているママはたくさんいるようです。自由に食材を組み合わせてアレンジできるのが「おやき」のいいところ。手づかみ時期にぴったりの「おやき」についてまとめてみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/03/08 公開 | 1620 view

「おやき」は離乳食後期の手づかみ時期におすすめ!具材たっぷりのヘルシーレシピ大公開♪

「おやき」ってどんなもの?

 (44690)

 (44689)

「おやき」とは、小麦粉やそば粉を水でといたもので作った皮に、野菜や山菜や漬物などを入れて包んで焼いた、長野県の郷土料理です。
が、同じような形状のもので、でんぷん質のものと、他の具材を合わせたものを焼いたものも「おやき」と呼ばれます。直径が10センチ大程度で、具材も味付けも、和風から洋風のものまで様々にアレンジすることができる「おやき」は離乳食でも大活躍です。
今回は、離乳食後期に特におすすめの「おやき」についてまとめてみたいと思います。

離乳食後期の特徴は?

Free photo: Cookie, Yummy, Food, Dessert, Sweet - Free Image on Pixabay - 1577040 (45898)

離乳食後期は「モグモグカミカミ期」
歯茎でつぶせるくらいの固さのものをあげましょう。
この時期の子供は興味や関心もぐっと増えるし、自分の意思も出てきます。
なんでも触って口にいれて確かめたい時期です。離乳食も後期になると、使える食材も増えますし、子供の運動量が増えるにつれて、離乳食の量や回数も増えるでしょう。

「おやき」は手づかみで食べたい月齢の子供の離乳食に最適!

Free photo: Child, Eating, Messy, Happy - Free Image on Pixabay - 933267 (44559)

離乳食も慣れてきて、スプーンで食べさせてもらう時期がすぎると、子供は自分で食べ物を口に持っていき始めます。最初はスプーンやフォークは上手に使えないので、手づかみになりますね。
小さな野菜やパスタは掴んでもなかなか上手に口まで持っていくことができなかったり、十分な量が食べられなかったり、手をバタバタさせてしまって、周りに飛び散るものの方が多かったりします。
そういうとき、手づかみでも上手に、十分な量を食べることができたら、子供は満足し、食べることが楽しくなります。
上手に手づかみで食べることのできる「おやき」はおすすめです。

また、この時期の子供は、手に伝わるいろいろな感覚を楽しんでいます。食材によって違う感触や食感を楽しんでいることをママは観察してみましょう。どんな食材が入っているのか、説明するように話しかけてあげることもいいと思います。

「おやき」に必要なもの

Free photo: Palace Of The Fans, Royal Court - Free Image on Pixabay - 1195362 (45884)

必要な食材

ベースとなる食材はでんぷん質のものがよいでしょう。他の食材は、子供が食べられる食材であればなんでもオッケーです。ベースとなる食材に加えて、野菜や肉や豆腐を組み合わせるのが一般的のようです。

必要なキッチン用品

39 件