9ヶ月から赤ちゃんにフォローアップミルクは必要?いつまで飲ませるものなの?飲ませ方は?

9ヶ月頃の赤ちゃんから飲むことが出来るフォローアップミルク。育児用のミルクに比べて、いまいち飲ませ方が分からないママも多いのではないでしょうか。ミルク育児のママに限らず、母乳育児のママもフォローアップミルクの必要性が気になっている人は多いようです。今回は、フォローアップミルクは必要なものなのか、必要な場合は、いつからいつまで飲ませれば良いものなのか、飲ませ方なども含めてご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/04/30 公開 | 305 view

9ヶ月から赤ちゃんにフォローアップミルクは必要?いつまで飲ませるものなの?飲ませ方は?

フォローアップミルクは赤ちゃんに必要なもの?

 (63948)

母乳で育てているママは、赤ちゃんが9ヶ月を過ぎる頃から、母乳では栄養が足りないのでは?と不安になってフォローアップミルクを足しているママも多いのではないでしょうか。

また、ミルクで育てているママの場合、フォローアップミルクは0ヶ月からのミルクの半額程度で安く購入出来ます。
そのため、家計が助かるからという理由で、9ヶ月以降からフォローアップミルクに切り替えるママもいます。

フォローアップミルクは、栄養を補うことを目的として作られた「食品」なので、全ての赤ちゃんに必要というわけではありません。
母乳育児とミルク育児どちらで育てていても、離乳食を3食しっかり食べてくれれば、フォローアップミルクは飲ませる必要はないかもしれません。

しかし、離乳食と平行して母乳やミルクをあまり飲んでくれない場合や、離乳食をなかなか食べてくれない場合は、栄養が補えていないこともあります。

こんな時はフォローアップミルクに頼ろう

 (63949)

子供が以下の項目に当てはまる場合は、フォローアップミルクを取り入れることを検討してみてくださいね。

・母乳育児で、母乳の量が減ってきていて子供の栄養不足が気になる
・母乳育児で、離乳食が3回になってから母乳の出が悪くなった
・ミルク以外のものを飲ませたいが、1歳未満で牛乳を飲ませるのに抵抗がある
・離乳食をあまり食べてくれず、栄養が不足・偏りがち

フォローアップミルクはいつから飲ませるもの?

 (63950)

離乳食が始まると、1日1食10倍粥などからスタートしますが、だいたい生後9ヶ月頃になると、1日3回食事をとり、食事から栄養を摂れるようになってきます。

上でも説明しましたが、フォローアップミルクは、離乳食では補えない栄養を補うことを目的として作られた「食品」なので、離乳食が1日3回になる生後9ヶ月を過ぎたあたりが使い始める基準になります。

メーカーのフォローアップミルクの推奨年齢は3歳まで

 (63951)

各メーカーは一般的に3歳頃までフォローアップミルクを飲むことを推奨していますといわれていますが、フォローアップミルクの飲み終わりのしっかりとした時期は特に定められておりません。
離乳食だけでは不足しがちな栄養を補ってくれるものなので、食事がしっかり摂れている場合や、1歳を過ぎて牛乳に移行した場合には、飲ませる必要はありません。

フォローアップミルクは牛乳と同じような成分で出来ているため、普通の食事が出来るようになるタイミングで、安価な牛乳に移行させるママが多いようです。

フォローアップミルクの飲ませ方

 (63952)

フォローアップミルクは、離乳食が1日3回しっかりと食べられるようになってから始めましょう。
そして、哺乳瓶は虫歯の原因になることもあるため、ミルク育児のママは特に、哺乳瓶からの卒業も目指してフォローアップミルクは、コップやストローマグなどで飲ませてあげたほうが良いでしょう。
育児用ミルクと同じように哺乳瓶で与えても良いのですが、コップの練習なども出来るのでおすすめですよ。

フォローアップミルクの缶や箱に書かれている分量を目安に、おやつの時間や食後に与えるようにしましょう。
与えすぎも栄養の摂り過ぎになってしまうので、食事とバランス良く与えていきたいですね。
36 件