そろそろ入園・入学準備!あなたはどのタイプの名前シールにする?

入園や就学の準備欠かせないアイテムと言えば「名前シール」ですね。今の名前シールには、シールタイプはもちろんアイロンタイプやスタンプタイプなど、様々なものが商品として展開されています。しかし、これだけ種類があるとどれを使えば良いのか迷ってしまいます。ママの負担を減らしながら、子供たちを喜ばせることが出来るアイテムをご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/01/21 公開 | 277 view

そろそろ入園・入学準備!あなたはどのタイプの名前シールにする?

入園準備で名前を書くものはこんなにたくさん!

 (22971)

入園などの準備でそろそろ本格的に忙しくなってくる時期ですね。

ワクワクドキドキする一方で、準備物が結構多いんですよね。
そして、その指定された持ち物全てに名前を書かなくてはならない作業が待っています。

例えば幼稚園では、このようなものが準備物として必要になってきます。

・お弁当用品(お弁当箱、はしセット、ゴムバンド、お弁当袋、水筒)
・歯磨きセット(はぶらし、コップ、袋)
・履物(うわばき、上履き袋、運動靴)
・雨の日のもの(傘、レインコート、長靴)
・お道具用品(はさみ、のり、クレヨン、など)
・衣類(毎日着ていく洋服、靴下、下着、など)


どれも毎日使うものなので、他の子とゴッチャにならないためにも子供の名前を記すことが必要です。
しかし、ひとつひとつに手書きで書いていっていたら、ママの負担も大きくなるし、時間もかかってしまいます。

そんな時に便利なのが、名前シールや名前スタンプです。
忙しくなるこれから、手に入れておきたいアイテムですね。

名前シールの種類

 (22978)

子供の名前を書くアイテムは、今ではたくさんの種類が展開されています。
キャラクターものや絵柄が可愛いシールもあるので、子供と一緒に好きなデザインを選んであげるのもおすすめです。

お馴染みシールタイプ

 (22979)

シールなので子供の名前書いて、貼り付けるだけで簡単にお名前付けが出来ます。

今は、インターネットや写真屋さんでも注文を承っているところがあります。
業者に頼んでしまえば手書きの必要もありません。

子供の名前と簡単な情報を入力すれば数日でたくさんのシールを配送してくれます。

名前の手書きに抵抗がある方、忙しくて時間を短縮したい方には嬉しい商品ですね。
毎日洗う弁当グッズにはラミネート加工されている防水のお名前シールがおすすめです。

アイロンシール

 (22980)

その名の通りアイロンを使って貼り付けるタイプです。

スモッグやハンカチなどの布物にもおすすめです。
付けるものの色や柄に応じてベースが白い濃色地用とベースが透明のクリアタイプがあります。

また、フロッキータイプと言って、ベースとなるシートがなく貼り付けると文字が浮き上がったようなデザインになるものもあります。
靴下など伸縮する素材にも使用することが出来ます。

スタンプで押すタイプも人気

 (22981)

ハンコのようにポンポンと押すだけで、簡単に名前をつけることが出来ます。
シール同様、忙しいママには嬉しい商品です。

インクの種類によって樹脂や布地に押せるものなど、様々な種類があります。
48 件