妊娠週数カレンダーでママの体の変化と赤ちゃんの成長を感じよう!

妊娠すると妊娠の週数と自分の体の変化が気になるし、赤ちゃんもどんな風に育っていくのか気になりますよね。妊娠数カレンダーはママと赤ちゃんがどんな風に変化していくのか確認できるので安心の材料になることでしょう。そんな妊娠週数カレンダーについてご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2016/12/27 公開 | 18559 view

妊娠週数カレンダーでママの体の変化と赤ちゃんの成長を感じよう!

妊娠週数とは

Free photo: Baby Belly, Pregnant, Birth, Human - Free Image on Pixabay - 1533541 (12713)

妊娠週数とは、妊娠期間をわかりやすく表現したものです。妊娠周期と呼ばれることもあるようですね。
妊娠成立から数え、出産までの期間を1週間(7日間)で区切って数えます。この場合の1ヶ月は28日となりますね。

妊娠の期間は一般的に280日、満40週とされています。日本では一般的に月経後胎齢といって、最終月経の初日を1日目と数える方法がとられています。
月経周期には個人差もあるので、妊婦健診で胎児の成長から逆算して受精した日を2週0日となるように微調整することが多いようです。

妊娠週数の数え方

妊娠0週 | 赤ちゃんの部屋 -Baby's Room- (12718)

先ほどもご紹介した通り、日本では最終月経の初日を0週0日と数えます。わかりやすく例をあげてみます。

*最終月経の初日が2016年12月1日(木)だった場合*

12月1日(木):0週0日
12月8日(木):1週0日
12月15日(木)2週0日

となり、毎週木曜日が0日の日となります。0日、1日、2日、3日、4日、5日、6日と数え7日間が1週ですね。
これは、28日周期ということが前提です。しかし、生理周期が28日周期の女性ばかりではないですよね。健診で『今日は〇週と〇日目ですね』と言われていたとしても、それは28日周期を基準にした週数となるため、全員には当てはまらないことも多々あります。排卵の時期もズレが生じていることも多いので、おなかの赤ちゃんの成長をもとに週数が変更される場合も起こります。
それは、珍しいことではないので、心配する必要はありません。赤ちゃんがある程度大きくなったら、その赤ちゃんの大きさや成長具合から出産予定日を導き出し、そこから逆算して週数を決めていくことになるので安心していいでしょう。

妊娠週数カレンダーとは

 (12852)

妊娠週数カレンダーは、妊娠したときから出産までの間の期間を週ごとに、ママのカラダの変化や赤ちゃんの成長、妊娠中のことや出産のことなどがまとめられています。マタニティーカレンダーということもありますね。
パパとママで共有すれば、赤ちゃんのことやママのカラダのことに実感を持ちにくいパパにも伝わるかもしれません。

妊娠1ヶ月の赤ちゃんとママの変化

week3

week3

赤ちゃんの変化(0週~3週目)

*0週目~1週目*
最終月経初日から数えはじめるので、この時期まだ妊娠という段階ではありません。

*2週目*
この時期に卵子と精子が出会い受精します。受精から5日目で受精卵(胚)となり細胞の分裂を繰り返しながら子宮へと向かっていきます。

*3週目*
7日目~11日目に子宮にたどりついた受精卵(胚)は着床のときを迎えます。胎芽とよばれる赤ちゃんと胎盤のもとになる器官が筒状になって、上が頭、下が尾っぽという形に変わっていきます。

ママの変化(0週~3週)

妊娠超初期と呼ばれる時期にあたります。この時期に妊娠に気が付くことはないといっていいかもしれません。0週は生理中ということになりますし、いつもとなにも変わらないと思われます。
着床のときに出血が起こることがあるそうなので、あれ?と思われることはあるかもしれませんね。また、着床痛と呼ばれる痛みを感じるという方もあるようですが、これは医学的な根拠はあまりないようですので、気にし過ぎないほうがよいのではないでしょうか。
75 件