赤ちゃんのミルクのあげ方から卒乳・断乳の仕方まで教えます♡知っておきたい種類や成分とは?

赤ちゃんにミルクっていつあげればいいの? そもそも粉ミルクってなに? 何から作られているかご存知ですか? 粉ミルクに含まれる主な成分や粉ミルクを取り入れるときの参考になるような基礎知識を解説。 人気な粉ミルクも一緒にご紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/05/30 公開 | 1159 view

赤ちゃんのミルクのあげ方から卒乳・断乳の仕方まで教えます♡知っておきたい種類や成分とは?

赤ちゃんの粉ミルクって一体どんなもの?

哺乳瓶でミルクを飲む赤ちゃんのイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや (68325)

粉ミルクは、母乳に近い成分に作られています。
現在市販で売られている育児用粉ミルクは、牛乳を原料にして加工されたものです。
長年の研究と改良によって母乳に近いものになりました。
主要成分の組織には基準がありますが、より良い粉ミルクを作るために各メーカー独自の開発や研究が重ねられているので製品ごとに少しずつ特徴があります。
また、先天的に栄養素の代謝異常がある赤ちゃんのための治療用のミルクやミルクアレルギー用のミルク、フォローアップミルクなどもあります。

★フォローアップミルクってなに?

フォローアップミルクとは、離乳食で十分とれると考えられる糖質や脂質を控え、不足しがちな鉄やカルシウムなどのミネラルを強化したミルクのことです。
母乳にかわる完全栄養食品の育児用ミルクとは違って離乳食で不足しがちな栄養素を補うためのものです。

粉ミルクに含まれる主な成分

哺乳瓶のイラスト(赤ちゃん) | かわいいフリー素材集 いらすとや (68327)

粉ミルクに含まれる主な成分は、次の4つです。
<炭水化物>
淡水化物のほとんどは、乳糖です。
脳の発達を助けます。
お腹の調子を整える母乳オリゴ糖やシアル酸配合のものもあります。
<タンパク質>
タンパク質は、体の組織をつくる大切な栄養素です。
カゼインのほか、産後すぐから数日間の初乳に多く含まれ、免疫物質ラクトフェリンを配合したものです。
<脂質>
脂質は、エネルギー源です。
体に不可欠な必須脂肪酸の供給源。
数種の植物油を使って脂肪酸のバランスを母乳に近づけています。
<ミネラル・ビタミン>
ミネラルは骨や歯を作る重要な成分なのでバランス良く配合されています。
母乳に不足しがちなビタミンKが強化されているものもあります。
これらは、主な成分になっていますが、各メーカーによって粉ミルクの配合成分は、異なります。

哺乳瓶と乳首は赤ちゃんの月齢や好みに合わせて選びましょう

哺乳瓶で授乳している母親のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや (68331)

赤ちゃんは、舌とあご、口の周りの筋肉を使って母乳を飲みます。
一生懸命動かすことは、食べ物をかんで飲み込むための大切な練習なのです。
哺乳瓶や乳首は、母乳を飲むときと同じ運動ができるように作られています。
哺乳瓶の素材やサイズ、乳首の素材やサイズ、穴の形、色々な種類があります。
迷った時は、助産師さんや母乳外来の専門家に相談してみるのも良いと思います。

★哺乳瓶の素材とサイズについて★

哺乳瓶の素材は、耐熱性のガラスとプラスチックが中心です。
耐熱性のガラスは、熱に強く、汚れが落ちやすくて洗っても傷つきにくいですが、プラスチックに比べて重たいです。
プラスチックは、軽いが傷つきやすいです。
どちらの方が良いとは、はっきり言って個人の考え方だと思います。
最初は、どちらも使ってみて自分が良いと思う方を使えばいいと思います。
例えば、家では耐熱性のガラスのほ乳瓶を使って、お出かけの時には、プラスチックの哺乳瓶を使うなど自分で使い分けると良いと思います。
お出かけの時は、軽いプラスチックの哺乳瓶の方が、落としても割れないしお出かけの時は荷物が多いのでガラスの哺乳瓶よりも軽いプラスチックの哺乳瓶の方が良いと思います。

★乳首のサイズや種類について★

乳首の素材は、主に三種類あります。
天然ゴム、イソプレンゴム、シリコーンゴムの三種類。
天然ゴムは、ママの乳首に一番近い感触です。
熱に弱く耐久性が低いです。
イソプレンゴムは、やわらかくて弾力性があります。
熱に強くて耐久性が高いものです。
シリコーンゴムは、熱に強いが傷つきやすいのが特徴です。
メーカーによってサイズは異なりますが、一般的に新生児はSサイズ、2~3ヶ月ごろはMサイズが目安です。
商品に対象のサイズが書かれているのでそちらを参考に赤ちゃんの成長に合わせたものを使うようにしましょう。
また穴の形によってミルクの出かたが違います。
丸穴は、穴の大きさによって出る量が変わります。
クロスカットは、十字に切った形のもの。
スリーカットは、3方向に切り込みがあるもの。
クロスカットとスリーカットは、くわえる力や吸う力で出る量を調節できます。
穴の形も赤ちゃんの成長に合わせて選ぶようにしましょう。
32 件

この記事を書いたキュレーター