幼稚園に行きたがらない子どもへの7つの原因と対処法!上手に克服して親子の絆を更に深めよう!

「幼稚園・保育園に行きたくない!」と子どもが登園拒否をすることは、よくある話です。それまで順調に通えていたのに、ある日突然起きることもあります。忙しい朝に毎日グズられては困りますよね。 そこで今回は、幼稚園の登園拒否に対する原因と対処法についてまとめました。 子どものSOSのサインをキャッチして、早めの対応をしましょう。子どもの話をじっくり聞いて、1日でも早く、楽しく安心して幼稚園に通えるよう、ママがサポートしてあげてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2019/05/13 公開 | 88 view

幼稚園に行きたがらない子どもへの7つの原因と対処法!上手に克服して親子の絆を更に深めよう!

「幼稚園へ行きたくない」はある日突然始まることも

 (148788)

幼稚園や保育園の登園渋り。朝の忙しい時間に「行きたくない」と泣き叫ぶわが子に、イライラしたり悩んだりした経験はありませんか?
よくあるケースは、入園後、まだ慣れない園生活に不安で「ママと離れるのが嫌」と泣く場合ですが、実はそれ以外にもゴールデンウィークや夏休み・冬休みなどの長期休暇明けや、新しいクラスに進級する時期などにも登園渋りが起こりやすいと言われています。

また、ママに2人目、3人目の赤ちゃんができたなどという時にも「赤ちゃん返り」することで登園を渋ることもあります。たとえ順調に園生活を送っていたとしても、ある日突然「行きたくない」と言い出すこともあり得ますので、決して他人事だと思わずに、子どもの様子には十分注意しておきましょう。

原因①友達とのトラブル・友達が作れない

Girl Portrait Black And White - Free photo on Pixabay (148789)

子どもの性格によっては、お友達の輪になかなか入れない・コミュニケーションが上手くとれないこともあります。また、お友達と喧嘩をしたり、ちょっとした行き違いから意地悪をされたというケースもあります。

特に5歳児くらいになると、他人と自分を比較して優劣をつけたがったり、お友達に負けて「悔しい」という気持ちを感じるようになりますので、遊びや園生活の中でお友達とトラブルになることも増えてきます。競争心が芽生えること自体は悪いことではありませんが、それが相手を傷つけるような言動として表れてしまうのは好ましくありませんね。

まだ物事の善悪をしっかりと理解できていない年齢ですから、感情の赴くままに、つい口調が激しくなったり、手が出てしまったりすることもあるでしょう。
幼稚園児であっても、意外とお友達とのトラブルは多いものです。

~対処法~

仲良く遊んでいたお友達の名前が出てこなくなったり、公園遊びに行きたがらなくなるなど、何か異変を感じたら、まずは子どもの話を聞いてあげましょう。その際、決して怒らず、責めずに子どもの気持ちを引き出すイメージで聞くことがポイントです。

普段から、お風呂の時間や帰り道の時間を活用して、「今日幼稚園どうだった?」「何して遊んだの?」など話をする習慣をつけると良いですね。また、ママも子どもの園生活に興味を持ち、お友達の名前を覚えるなど話が盛り上がるような工夫をすると良いかもしれません。

大人も、困ったとき・不安なときに頼れる「心の拠りどころ」あると、とても強くなれますよね。子どもにとっては、それがママやパパであることを忘れないようにしましょう。

常に「何かあったらママが助けにいくからね」「ママはあなたの味方だから大丈夫」と安心させ、勇気づけてあげることも大切です。

お友達とのトラブルは、特に気持ちが不安定になりやすいので、子どもが安心してなんでも話せる環境を作ってあげると良いでしょう。お友達トラブルは、これから子どもが成長していく過程で度々起こることです。良い教材だと思って、積極的に解決策を見出していくといいですね。

原因②苦手なことがある

Child Kid Play - Free photo on Pixabay (149366)

子どもも大人と同じように苦手なものにはストレスを感じてしまいます。たとえば運動が苦手・工作が苦手・歌が苦手・給食を食べるのが苦手・プールが苦手などです。

得意・不得意は誰にでもあり、個性でもありますから無理やり「好きになれ」とは言えません。しかし、子どもの場合は、「食べず嫌い」と同じようにちょっとしたきっかけで嫌いが好きになることもあるかもしれませんので、何でもかんでも「苦手ならやらなくていい」とは教えないようにしましょう。

~対処法~

まずは、何が苦手で何が嫌なのか、本人と話して原因をはっきりさせましょう。

苦手なものも慣れていけば楽しくなる・好きになるということを教える良い機会でもあります。焦らずに、励ましながら一緒に練習し、自信をつけてあげるようにしたいですね。

私の娘は、入園当時、鉄棒が苦手でしたが、休みの日に公園で度々練習することで「できる喜び」を知り、鉄棒が好きになりました。よくよく話を聞いていくと、苦手というよりも「怖い」から嫌いだったようです。
このように、苦手なことが楽しみに変わることもありますから、子どもの可能性を伸ばしてあげることも大切です。

また、努力する大切さを学ぶ良いきっかけにもなると思います。

原因③環境の変化

Kindergarten Clown Garden - Free photo on Pixabay (148792)

47 件