マナーあるママになろう!貴方は大丈夫?産婦人科での検診マナー

初めての産婦人科は、どんなところなのかどんな検診をされるのか不安でいっぱい。そんなあなたに産婦人科でのマナーをご紹介します。これからママになるあなたもこれで安心してマナーのあるママになれるでしょう!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2016/12/13 公開 | 314 view

マナーあるママになろう!貴方は大丈夫?産婦人科での検診マナー

産婦人科での検診で嫌な気分になる人もいる!

 (9041)

産婦人科に行くと医師は、男性の方が多いです。
たまに女医さんもいらっしゃいますが、ほとんど男性です。
問診で過去の性交渉の経験について聞かれます。
セックスの回数を答えなければいけなかったり昔の触れられたくないことを聞かれて嫌な思いをする人もいると思います。
検診の際は、パンツを脱いだ状態で検診台が上がっていくので陰部やおしりが丸見えの状態になります。
検診で診てもらうのには仕方ないことですが恥ずかしいです。
看護婦さんが先生来られる前に検診台を上げてくれます。
しかし、台が上がって向こうから丸見え状態のまま先生が来るのが遅く長い間そのままにされるときがあります。
こちらは、カーテンで顔が見えないようになっていますが向こう側にいる看護婦さんにずっと丸見え状態になっているので嫌な気がします。
こんな経験をした方もいらっしゃるのでは、ないでしょうか?

産婦人科とはどういった場所なのか考え直してみよう!

 (9040)

初めて行かれる方は、どういった場所なのか不安になると思います。
ですが、女性なら人生の中で1度は行かれると思います。
産婦人科とは、産科と婦人科の2つに分かれています。
妊娠、出産、産後のことを扱うのが産科。
帝王切開、流産の手術、産後の膣などの傷の手術も行ったりします。
女性生殖器の腫瘍性疾患、性感染症、不妊、更年期障害、生理不順など内分泌疾患を扱うのが、婦人科です。
子宮筋腫や卵巣、子宮がん、不妊症の手術、避妊のための手術など行います。
自分の状態によって検診が、産科なのか婦人科なのか分かれます。

産婦人科に子連れ「アリ」「なし」どっち?

 (9042)

産婦人科に来る女性は、小さいお子さんが居ると子連れで受診する人もいます。
誰にも預けれなく自分が見なければいけない人なら仕方ないと思います。
産婦人科は、予約などしていてもその時の状況で大幅に待たされたりもします。
小さなお子さんにとって退屈な時間。
急に泣き出したりグズッてきたりするでしょう。
そんな時、お母さんは周りにも気を使うし泣き止ますのに必死です。
しかし、赤ちゃんの出産をサポートする病院なので先生やスタッフが助けてくれるでしょう。
なので子連れでも受診しやすいようになっていると思います。
もしも、子どもが他の患者さんに迷惑をかけることがあればすぐに謝りましょう。
子どもは、わからずに迷惑をかけることがありますのでしっかり見ておきましょう。
 (9487)

パパも赤ちゃんに会いたい!パパ同伴はダメ?

 (9483)

産婦人科の検診に一人で行く方も多いと思いますが、旦那さんと同伴されている方もいらっしゃいます。
産婦人科に来る人は、ほぼ女性ばかりで男性の存在は目立つと思います。
妊娠週数が近づくと赤ちゃんの姿をエコーで見ることができるので赤ちゃんの様子をみたいと思う旦那さんもいるのではないでしょうか。
男の人には、わからないことが多いので検診について行って助産師さんなどから話を聞いたり、両親学級に積極的に参加する旦那さんも多いようです。
仕事の都合で一緒に行けない旦那さんもいると思いますが、行ける人は一緒に行って赤ちゃんの成長を妊婦さんと一緒に見ると勉強にもなるし、これからの育児へと良い方向に意識も変わると思います。
しかし、中には診察室に旦那さんが入れない病院もあるみたいなので、一度確認するようにして周囲の妊婦さんへも配慮しつつ赤ちゃんの成長過程を楽しみましょう。

産婦人科に来る人は「皆幸せいっぱい」ではないことを忘れずに

 (9486)

32 件

この記事を書いたキュレーター