【完全版】読書感想文の書き方のコツは?感想文が書きやすい!小学生におすすめの本6選

夏休みの定番の宿題と言えば、「読書感想文」。読書感想文は、本を読むことから始めなければいけませんので、時間もかかる上に、読書が苦手な子、作文が苦手な子にとっては、かなりの強敵。しかし、書き方のコツさえつかんでしまえば意外と簡単に書くことが出来るんです!パパやママも読書感想文の書き方をマスターして、お子さんにアドバイスしてあげてはいかがでしょうか?感想文が書きやすいおすすめの本も併せてチェックしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/06/24 公開 | 1234 view

【完全版】読書感想文の書き方のコツは?感想文が書きやすい!小学生におすすめの本6選

読書感想文の書き方にはコツがあった?

Free photo: Book, Teacup, Nature, Summer - Free Image on Pixabay - 2388213 (75030)

読書感想文を書くのって、作文の苦手な人にとっては、とても時間がかかってしまうものです。パパやママも学生だった頃、何度も何度も、書いては消して、書いては消して…を繰り返し、原稿用紙がボロボロになった…なんて覚えがありませんか?

本を読み終えて「いざ書こう!」と思っても、「何をどのように書くか?」がわからなければ、なかなか鉛筆が進まないものです。読書感想文を書く際には、いくつか書き方のコツがあります。それをマスターすれば、きっとあなたもスラスラと書けるはずです。意外と知らない、読書感想文の書き方のコツをご紹介しましょう。

書き方のコツ① 読書メモをつける

Free photo: Note, Sticky, Sticky Notes, Paper - Free Image on Pixabay - 2320194 (75031)

まず、本を読み始める前に、付箋を用意しましょう。本を読んでいきながら、この付箋を使って「感動したところ」「面白いと感じたところ」「主人公の意見に共感したところ」「心に強く残った場面」などに印をつけていきます。そして、『何故面白いと感じたのか?』『何故感動したのか?』という自分の気持ちをメモしていきます。

きれいにメモしなくてもOK。あくまでも、その時感じた自分の気持ちを書き留めておくだけなので、ササッと書けば大丈夫です。人の記憶は曖昧なので、1冊読み終えてしまうと、「どこのシーンの何に感動したのか?」なんて細かいことは忘れてしまいます。そのために、重要なシーンの読書メモを付けておくことが大切なのです。これは、読書感想文を書く際のパーツとなりますので、これらを組み合わせて上手に作文していきましょう。

書き方のコツ② 構成を考える

Free photo: Art, Composition, Desk, Handwriting - Free Image on Pixabay - 1868727 (75032)

伝えたいことを効果的に伝えるためには、構成を考えて書き進めます。「構成」というと、難しく考えてしまいますが、要するに感想文の『組み立て』を決めるということです。小学生ならば、大きく分けて4つに分けられます。

構成1:書き始め

Free photo: Books, Education, School - Free Image on Pixabay - 484766 (75033)

まず、第一段落は『その本と出会ったきっかけ』について書き始めましょう。あなたは、なぜこの本を選んだのか?を文章にします。例えば以下のような文章です。

『本屋さんに並んでいる本のなかで、色鮮やかなカバーが目に入り、「どんな本なんだろう?」と手にしてみると、とても面白そうなお話だったので、この本を読んでみることにしました。』

このように、本を選んだきっかけを書くことで、書き出しがスムーズになっていきます。

構成2: あらすじ

Free photo: Book, Flower, Violet, Old Book - Free Image on Pixabay - 2378479 (75034)

構成2段落目は、あらすじを簡潔に、わかりやすく書きましょう。ここでポイントなのは「簡潔に書く」ということです。読書感想文があらすじばかりにならないために、できる限りシンプルに書くことが大切です。

「いつ、だれが、どこで、何をして、どうなった」という流れでまとめると、上手く書けますよ。まだここでは、自分の感想は書きません。あくまで、本のあらすじだけを書きましょう。
61 件