気張らなくてもできる運動で健康になろう!毎日の運動習慣の作り方

健康のために何か運動をしなければ! そう思っているママは多いですよね。 「具体的に健康と運動の関係性ってどうなの?」 「どんな運動をすればいいの?」 「運動する時間が取れないんだけど…」 そんな疑問や悩みを解決していきましょう。 オススメの運動方法もご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2016/12/25 公開 | 161 view

気張らなくてもできる運動で健康になろう!毎日の運動習慣の作り方

健康と運動の関係

Free photo: Running, Runner, Long Distance - Free Image on Pixabay - 573762 (12869)

健康のために運動しましょう!とよく言われるけれど、どういうこと?
二つの観点から考えていきましょう。

エネルギー消費

日々の食事ではエネルギーを摂取しますよね。
摂取したエネルギーを運動で消費する。
そのバランスがしっかり取れている状態が健康に良いとされています。
摂取エネルギーが消費エネルギーより多い場合肥満につながってしまいますよね。
そのためにも運動は必要になります。

筋肉の増加・維持

運動することにより、筋肉が増加したり筋力を維持できます。
逆に運動不足が続くと、みるみるうちに筋力が低下します。
体調を崩してしばらく動けない状態になった時に筋力の低下を感じたことがありませんか?
少し歩いただけで足が疲れるといった経験はないですか?

では、筋力が低下するとどのようなことが起きるのでしょう。
・足が思うように上がらなくなり、ちょっとした段差でつまづいてしまう。
・心肺能力の低下。
・血行が悪くなる。
このような状態にならないためにも日頃からの運動が必要になります。

妊活と運動にも密接な関係があるのをご存知でしたか?もし妊活中なら、こちらの記事も読んでみてください。妊活と運動の関係やおすすめの運動をご紹介していますよ。

運動の効果やメリット

Free photo: Yoga, Woman, Nature, Landscape - Free Image on Pixabay - 1812695 (12902)

では、運動をするとどのような効果が得られるのでしょう?
具体的に見ていきましょう。

ストレス解消

運動したあとに気持ちがすっきりしたり、達成感を得られたりした経験はありませんか?
近年、運動することによって脳が感じる不安をコントロールできることがわかってきています。
運動をすることで、脳のストレスへの反応が弱まり、不安を感じにくくなることは、動物実験でも確認されている。
 プリンストン大学の研究チームはマウスを使った実験で、運動によって、不安を制御する脳の領域が変化し、興奮を防ぐメカニズムが強化されることを突き止めた。

アンチエイジング

74 件