子どもとお出かけ!目一杯楽しむために持っておきたいモノとは?

子どもとのお出かけは、予期せぬ出来事がおこったり、ハプニングはつきものです。 そんな時に焦らずスムーズに対処できれば、イライラを軽減できます。 せっかくのお出かけを、親も子どももストレスなく楽しむために準備しておきたいものをご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2016/11/30 公開 | 225 view

子どもとお出かけ!目一杯楽しむために持っておきたいモノとは?

子どもとのお出かけはハプニングの連続!

Free photo: Pain, Child, Boy, Cry, Kid, Young - Free Image on Pixabay - 1164308 (6571)

子どもとのお出かけには予期せぬハプニングがつきもの。転んだり、汚したり、こぼしたり、漏らしたりと、想定外の出来事のオンパレード!
予想以上に着替えが必要だったり、時間に余裕を持たないければと感じることがあります。

車でのお出かけではチャイルドシートを用意しよう

Free photo: Family, People, Car, Looking - Free Image on Pixabay - 932245 (6572)

2000年4月から、6歳未満の子どもが乗車する際は「チャイルドシート」の着用が義務付けられています。
大人用のシートベルトは身長140cm以上で有効となるよう設計されており、子どもが使用すると、誤って引っ張ったり遊んだりしている時に首に絡まることがあり大変危険です。身長が140㎝に満たない場合「は、6歳を過ぎてもチャイルドシートやジュニアシートを使用する方がよいでしょう。
一般的に「チャイルドシート」と呼ばれるものは、使用する年齢や体重によって大きく3つに分けられます。

① 乳児用(ベビーシート)
年齢:新生児~生後約10ヶ月まで
体重:10kg未満
身長:65cmまで

② 幼児用(チャイルドシート)
年齢:生後約10ヶ月~4歳まで
体重:9kg~18kgまで
身長:65cm~100cmまで

③ 学童用(ジュニアシート)
年齢:4歳~10歳まで
体重:15kg~36kgまで
身長:100cm~135cm
体格に合ったものを着用して、きちんと子どもの安全を守りましょう。

替えの着替えは必須!

Free photo: As Children, River, Enjoy, Water - Free Image on Pixabay - 1822704 (6575)

汚したり、汗をかいたり、外出先で着替えが必要になることも少なくありません。
子どもの成長や性格、移動手段によって差はあるようですが、2~3歳までは着替え一式をお出かけの際に持ち歩く人が多いようです。パンツの着替えは年長さんくらいまでという声も。
万が一、着替えを忘れた場合は、やむなく外出先で購入する方が多く、筆者にも経験があります。他には、兄弟の着替えを代用したり、タオルや親のパーカーやカーディガンなどの羽織りものを巻いてその場をしのいだり、赤ちゃんの頃はおむつ一枚で過ごさせたことも…。
着替えを持っていない時に限って必要になるという経験をしたことのある方もいるよう。お守り代わりに準備しておいてもいいかもしれませんね。

水分補給も忘れずに!

Free photo: Right Hand, Hand, Palm, Nail, Sign - Free Image on Pixabay - 1598191 (6577)

幼児のからだは、体重の65%~70%を水が占めており、体内の水分が3%不足しただけでも、脱水症状を引き起こすことがあります。
また、新陳代謝が活発なため、幼児にとって水分補給は重要です。
お出かけにはお茶やお水などの水分を携帯が必要。その際、子どもが飲みやすくこぼしにくい水筒を使用すると、親の心配やストレスも軽減されます。
おすすめは、軽くて飲み終わった後は折りたたむことのできるシリコンボトル。
46 件