発見!赤ちゃんのオムツのイヤな臭いはゴミ箱で解決できる!?

赤ちゃんのお世話グッズで用意するかどうか悩む物が「オムツ用ゴミ箱」ですよね。オムツ専用のゴミ箱を用意したママもいれば普通のゴミと一緒に捨てたというママもいます。果たしてオムツ用ゴミ箱は必要なのでしょうか?もし必要ならどんなゴミ箱がいいのか、調べてみました☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/02/24 公開 | 365 view

発見!赤ちゃんのオムツのイヤな臭いはゴミ箱で解決できる!?

処理したオムツは意外と臭う!

 (41388)

そもそも処理した赤ちゃんのオムツは臭うのでしょうか?私の2人の子育て経験上から申し上げますと、非常に臭います。よく、”暑くなる季節に強い臭いを感じる”と言いますが、私は1年中臭いをストレスに感じていました。

具体的には、離乳食が始まった5カ月を過ぎたころから得に臭いが気になりました。5カ月前も、その時独特の臭いがあり、3ヶ月頃まではおむつ替えを頻繁に行うため、オムツの量も溜まるのでそれなりにきつい臭いでした。

初めの頃は、普通のゴミ箱に一緒に捨てていましたが、生ごみや生活から出るゴミと臭いが混ざりすぐに別のオムツ専用のゴミ箱を用意した程でした。出産準備にはいろいろとお金がかかるので、なるべく必要のない物は買わずにいようと決めていたのですが、オムツ用ゴミ箱は私の中ではとても必要なアイテムだと感じました。

オムツ用ゴミ箱のメリットとデメリット

 (41389)

オムツ用ゴミ箱の購入を検討する際、メリットとデメリットをきちんと分かっていた方が失敗しないと思います。そこで、先輩ママや私が感じたオムツ用ゴミ箱のメリットとデメリットをご紹介したいと思います☆

やっぱり便利☆オムツ用ゴミ箱のメリット

 (41391)

・臭いのストレスがなくなる
・お部屋の中に置いても臭いが気にならない
・消臭や抗菌加工されている物が多く、衛生的に気にならない
・片手でポイッと簡単に捨てられる工夫がされているものもあるので、捨てる際に便利
・可愛らしいデザインなどが多いので気分が上がる

オムツ用ゴミ箱のメリットとして最も声が多いのが、防臭効果のようです。防臭力の高いゴミ箱は二重構造になってたり、捨て口が密閉力の高いものになっているものが多いので、お部屋に置いても処理したオムツの嫌な臭いが漏れる事が無い点が喜ばれているようですね☆

こんなハズでは…オムツ用ゴミ箱のデメリット

 (41392)

・専用カートリッジを必要とするものはランニングコストがかかる
・オムツ用ゴミ箱は大きいものが多いので場所をとる
・オムツの容量が多すぎて処理しきれない
・子供向けのデザインが多いので部屋に合わない
・密閉力や防臭力を高めようとしたことで複雑な構造の蓋になっているものもあり、捨てづらい

オムツ用ゴミ箱のデメリットとして多い声が、専用のカートリッジにかかるコストのようです。特に月齢が低いうちは1日に何度もオムツ替えを行うため、カートリッジの減りも早いのが気になりますね。

又、処理できる量もそこまで多くないものを選んでしまうと、すぐにゴミ箱がいっぱいになってしまうようです。

使いやすさ抜群のおススメオムツ用ゴミ箱ランキングTOP5

 (41414)

様々な意見はあるものの、やはりオムツの臭いに耐えられずストレスに感じてしまうママ達もいるようです。次はそんな方に是非おススメしたい「このオムツ用ゴミ箱を使ってよかった!」という先輩ママ達の声や、「使いやすい」という声などをまとめたオムツ用ゴミ箱をご紹介したいと思います☆
51 件