赤ちゃんにも日焼け止めで紫外線対策を!選び方のポイントやケア方法・おすすめグッズもご紹介

紫外線が強くなってくると、気になるのが日焼けですよね。私自身、子どもに日焼け止めを塗り忘れて、かなり日焼けさせてしまった経験があります。また、赤ちゃんにはどんな日焼け止めを使ったらいいのか悩みますよね。デリケートな肌の赤ちゃんだからこそ、日焼け止めを塗って紫外線から守ってあげる必要があります。今回は、日焼け止めの選び方やケアのポイント、おすすめの日焼け止めと日焼け対策アイテムをご紹介!赤ちゃんにもしっかり紫外線対策をして、夏のお出かけを楽しみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2020/07/14 公開 | 94 view

赤ちゃんにも日焼け止めで紫外線対策を!選び方のポイントやケア方法・おすすめグッズもご紹介

赤ちゃんにも日焼け止めは必要?

 (181847)

紫外線が強くなってくる時期、赤ちゃんとのお出かけで気になるのは日焼けですよね。
でも、日焼け止めって赤ちゃんに必要なのでしょうか。

赤ちゃんへの日焼け止めは、結論から申し上げると必要です。
その理由についてみていきましょう。

赤ちゃんに日焼け止めが必要な理由とは

日焼けをしている肌は軽度のやけど状態になってしまっています。
紫外線によって皮膚細胞が破壊され、日焼け後の赤みやヒリヒリとした痛みにつながるのです。

大人でも辛い日焼け後のダメージ。デリケートな赤ちゃんの肌には、ダメージも大人以上に深刻です。そのため、大人以上に紫外線から肌を守ってあげることが必要です。

また、幼少期に紫外線を浴びすぎると、成人してからの皮膚がんや白内障のリスクにつながるとも言われているので注意しましょう。

赤ちゃんへの日焼け止めはいつから必要?

続いて、赤ちゃんの日焼け止めはいつから必要なのでしょうか。

日焼け止め自体は、必要なシーンでは産まれたその日から赤ちゃん用の日焼け止めなら塗っても問題はありません。
しかし、新生児の時期は外出自体が好ましくないと言われているため、実際に日焼け止めが活躍するのは外出の機会が増えてきた生後3ヶ月頃からになることが多いでしょう。

赤ちゃんへ日焼け止めを塗るべきなのはどんな時?

ママの中には、外出の予定がなくても、日焼け止めを必ず塗る方も多いのではないでしょうか。

しかし、赤ちゃんにはママほど細かく日焼け止めを塗る必要はありません。
具体的には、1時間以上紫外線を浴びるような外出がある場合に日焼け止めを使用するようにしましょう。

赤ちゃんの日焼け止めの選び方

 (181849)

次に、赤ちゃんの日焼け止めの選び方をご紹介します。

①必ず赤ちゃん用の日焼け止めを選ぶ

日焼け止めは、必ず赤ちゃん用の日焼け止めを選ぶようにしましょう。

大人用の日焼け止めには、赤ちゃんにとっては刺激の強い成分が含まれていることがほとんどです。
いくら薄く塗ったとしても、大人用の日焼け止めを赤ちゃんに塗ることは避けましょう。

②使用可能な月齢をチェック

70 件