産後ダイエット☆骨盤矯正!間違えると大変なことになるってホント!?

子供を産んだら、体重が元に戻ると思ってたら大間違い!産後痩せなくて、焦っているママさんいませんか?ダイエットしたいけど、子供も小さいからジムにも通えないし、ストレスも溜まるし色々悩みますよね。痩せないのは、骨盤のせいかもしれません。そんな骨盤について調べてみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/02/15 公開 | 178 view

産後ダイエット☆骨盤矯正!間違えると大変なことになるってホント!?

産後は痩せやすい体になっている

Free photo: Mom, Baby, Child, Mother, Maternity - Free Image on Pixabay - 1442789 (34863)

出産をすると、産後6ヶ月までが特に痩せやすい時期といわれています。脂肪は、赤ちゃんを守るために付いたもので、筋肉質ではなく、燃焼しやすいのが特徴です。この時期に骨盤を整え、代謝を上げると効果が出やすいといわれています。産後太りは、もともと妊娠中に赤ちゃんを守るために、体が栄養を蓄えていることが影響しています。内蔵を守ろうとするために皮下脂肪を溜めやすくなっていたり、運動量が減ることでさらに筋肉量が減り、基礎代謝が落ちていることも原因として考えられます。なので、運動をして代謝をあげると、体重が落ちやすいといわれています。

産後は骨盤がゆがんでいる?

Free photo: Radiograph, Veterinary, Pelvis - Free Image on Pixabay - 1749188 (34864)

妊娠するとリラキシンというホルモンが分泌されます。このホルモンは、産道を確保するために骨盤の靭帯をゆるめ、骨盤を開きやすくします。妊娠中に開いた骨盤は、産後3~4ヶ月くらいかけて徐々に元の位置に戻っていくのが一般的です。しかし、妊娠期間中に筋力が低下したせいで、骨盤は正常な位置に戻りにくくなることもあります。日常的に横座りや足組みをしたり、産後にあぐらをかいて授乳をしたりしていると体への負担が大きく、知らない間にどんどん骨盤はずれていってしまいます。

骨盤が歪んだままだとどうなるの?

Free illustration: Backpain, Back Pain, Back, Pain - Free Image on Pixabay - 1944329 (34866)

骨盤が歪んだままの状態だと筋肉のバランスが崩れ、血流やリンパの流れが悪くなり、冷え性や新陳代謝が低下します。骨盤の歪みが神経を圧迫し座骨神経痛、仙骨や尾骨の痛みなどが現れることもあります。また、内臓が元の位置にとどまれずに下がってくることから、それを支えるために皮下脂肪が増えることもあります。なので太りやすい体質になります。骨盤の歪み一つで体の様々な部分にトラブルが起きやすくなるのです。

骨盤が歪んだままで体に起きる主な症状

冷え性、むくみ、便秘、 尿漏れ、 生理不順、 ひどい生理痛、 不妊、 腰痛、 膝痛、 股関節痛、 新陳代謝の低下による肥満、体が疲れやすくなる、肌荒れなど。様々な不調が起こる可能性があります。

産後の骨盤矯正とは?

 (34891)

出産を通して緩んだ骨盤を正しい場所に矯正することを骨盤矯正と呼びます。方法としては、整体、体操、リフォームインナーやガードル、ニッパーなどの利用です。出産して間もないお母さんは、赤ちゃんのお世話で忙しいので整体などに通うのはなかなか厳しいかと思います。なのでまずは、骨盤ベルトを締めるのがおすすめです。なかなか自分の骨盤がどれぐらい歪んでいるかとかわからないと思うので、時間が取れるようになったら、プロの整体師などに骨盤の状態を見てもらうのもお勧めします。

産後の骨盤矯正の効果は?

38 件

関連する記事