栄養満点!簡単&絶品の菜の花レシピ10選!健康にも美容にも嬉しい春の味覚を存分に味わおう!

春になると黄色い可愛らしい花を咲かせる菜の花。その光景はとってもきれいで、春の風物詩の一つと言っても過言ではなりません。そんな菜の花ですが実は非常に栄養価が高く、健康にも美容にも嬉しい効果をもたらせてくれます。でも菜の花ってどうやって食べればいいの?レシピってある?そんな疑問を抱く人もいるでしょう。そこで栄養満点の菜の花を使った簡単絶品レシピ10選を一挙公開。さらに菜の花が持つ栄養素や正しい保存方法など、基本情報もまとめましたので参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2019/12/25 公開 | 136 view

栄養満点!簡単&絶品の菜の花レシピ10選!健康にも美容にも嬉しい春の味覚を存分に味わおう!

簡単絶品菜の花レシピ10選~はじめに~

 (168674)

春になると美しい黄色い花を畑一面に咲かせる菜の花は、2~3月頃が旬と言われています。そんな菜の花はビタミンを始め体に嬉しい栄養素が豊富なのも特徴の一つ。まずは菜の花に関する基礎知識から高めていきましょう。

栄養価がかなり高い?!菜の花に含まれる栄養素!

菜の花は豊富な栄養素が魅力の一つです。ではどんな栄養素が含まれているのか、下記をチェック。

【ビタミン類】
菜の花にはレモン果汁の約3倍ものビタミンCが含まれていると言われています。ビタミンCは免疫力アップ、肌に弾力を与える・シミやそばかすの予防など健康面や美容面にも嬉しい効果をもたらせてくれます。またビタミンKや葉酸・βカロティンなども豊富なので、妊娠中の人や骨粗しょう症予防にもおすすめです。

【ミネラル】
丈夫な骨や歯などを作ったり細胞の働きを高めるのに不可欠なカルシウム・亜鉛・リン・カリウムなどミネラルも豊富です。鉄も豊富なので、貧血気味の人にも是非食べてもらいたい食材と言えます。

【食物繊維】
菜の花は食物繊維も豊富です。その量はキャベツの約2倍!水に溶けにくいので、火を通しても食物繊維が流れ出ることが少ないのも特徴の一つ。便秘気味の人にもおすすめですよ。

【たんぱく質】
血液や筋肉など体を作る材料になるたんぱく質も100g当たり4.4gと豊富。その量は白菜の約2倍と言われています。

菜の花は冷凍が便利?正しい保存方法!

ビタミン・ミネラルなどかなり栄養価の高い菜の花ですが、他の野菜と比べ日持ちしないため正しく保存する必要があります。正しい保存法は以下の通り。

【冷蔵保存する場合】
ぬらした新聞紙やキッチンペーペーで包み、袋に入れて根が下になるよう野菜室に立てかけて保存する。

【冷蔵保存する場合】
さっと茹でてラップやジップロックなどで包み、冷凍庫に入れる。冷凍庫で保存する場合、約1ヶ月程度持つためおすすめです。

簡単絶品菜の花レシピ1:菜の花のおひたし

 (168681)

シンプルな醤油ベースの菜の花のおひたしです。ほのかに香るゆずが、食欲をそそります。さっぱりとした味わいなので、食欲がない時にもおすすめですよ。

【材料】
菜の花・柚子(レモンでもOK)・醤油・ほんだし

簡単絶品菜の花レシピ2:ポン酢マヨネーズ和え

 (168708)

茹でた菜の花にポン酢とマヨネーズを和えたシンプルな料理です。ポン酢のさっぱり感とマヨネーズの濃厚さが加わり、菜の花がちょっと苦手という人にも食べやすい一品。和えるだけなので作り方も超簡単、忙しい時にもおすすめです。

【材料】
菜の花・ポン酢・マヨネーズ・酢・鰹節
53 件