東洋医学で身体の不調を撃退!ツボ押しのやり方とおすすめのツボ (page 3)

なんとなく不調な時、手軽に調子を整えることができたらいいですよね。身体の調子に合わせてツボを押すことで、その不調が撃退できるかも! おススメのツボをご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2016/12/31 公開 | 420 view

東洋医学で身体の不調を撃退!ツボ押しのやり方とおすすめのツボ

女性の体の悩みもツボで解決

冷え性や生理痛は女性特有の悩みですよね。
万病の元ともいわれている冷えや、毎月憂鬱になってしまう生理の悩みもツボでやわらげましょう。

冷え性・生理痛には三陰交

 (15321)

くるぶしから指4本分上に上がったところにあるくぼみに「三陰交」はあります。

両手の親指で押すとやりやすいでしょう。

三陰交は
・生理痛
・不妊症
・更年期障害
・月経不順
・冷え性
におススメのツボです。

また、冷え性改善には三陰交にお灸を用いると効果的だそうです。

不快症状もツボで緩和できる

便秘にもツボがおススメです。

便秘により体内に毒素が溜まり、便秘はお腹が不快なだけでなく、肌荒れなどの様々な不調を招きます。
大腸がんのリスクにもなりえますので、なるべく自然なお通じで排出しましょう。

便秘に足三里

 (15322)

椅子に座り、手がL字になるように膝に親指をかけ、残りの指をふくらはぎのほうへ下します。

ちょうど中指があたる場所が足三里です。

親指で痛気持ちいいように押しましょう。

足三里は便秘におススメなだけではなく、胃腸の働きを整えるともいわれています。

また、足が疲れたと感じるときに押してみるのもおススメです。

心の不調を取り除くツボ

何かとストレスの多い現代社会。
なんとなく不安だったり憂鬱な気持ちは、自律神経の働きを乱すことがあります。

自律神経が乱れると、身体のあちらこちらの働きがわるくなります。

さらにストレスが蓄積するとパニック障害やうつを引き起こす可能性もあります。

心がもやもやしたときは、ツボを押して気分転換してみるのはいかがでしょうか。

憂鬱な時、不安な時は「神門」

 (15319)

手のひらと手首の間のしわの部分を小指のほうになぞると、骨にぶつかります。
そこのくぼみに神門があります。

手首にあるので、ちょっとした合間にすぐに押すことができますよ。
56 件