【帝王切開後の妊娠】いつから?出産方法は?不安や疑問を解消しよう

帝王切開での出産の後、また赤ちゃんに出会いたいと思ったとき一番はじめに思うのはどんなことでしょうか。いつから妊娠していいの?出産方法は?とやっぱり気にしてしまいますよね。そんな不安や疑問を解消する、帝王切開後の妊娠についてまとめてみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/01/22 公開 | 473 view

【帝王切開後の妊娠】いつから?出産方法は?不安や疑問を解消しよう

帝王切開が増えている理由

帝王切開が年々増加傾向にある原因について考えよう | 赤ちゃんの部屋 (22414)

分娩の件数は減ってきているにもかかわらず、帝王切開での出産は右肩上がりに増えてきているようです。この20年で2倍にも及び、その数は、5人に1人といわれています。
経膣分娩からの緊急帝王切開というケースが多くなってきているともいわれているようです。

高齢出産が増えていることから、妊娠出産におけるトラブルも増加の傾向にあるようです。そのため、事前に帝王切開が選択されることも多くなっているのだそうです。
また、高齢出産の場合、産道が十分に広がらない状態で長時間となり、緊急帝王切開が選択される場合もあるようです。

もうひとつの理由としては、医療側が出生前後のリスクを回避という動きもあり、少しでも経膣分娩に異常があると判断した場合、帝王切開を行う傾向にあることが大きな理由となっているようです。

帝王切開後の妊娠について悩みは多い

[フリー写真] 悩みを抱える女性のポートレイトでアハ体験 -  GAHAG | 著作権フリー写真・イラスト素材集 (22595)

予定帝王切開にしても、緊急帝王切開にしても、お腹を切開して大切なわが子を出産したのですから、その後子供を授かるにあたっては不安に思うママも多いようです。
帝王切開後の妊娠。妊娠前にチェックを受けましたか?
分娩中のトラブルのため、第一子を帝王切開で出産しました。
その時「子宮の回復のために1年間は妊娠しないように」と、言われました。

第二子を希望する時、産婦人科で子宮の状態を診てもらった方が良いのでしょうか?
帝王切開後の妊娠について教えてください。
今年の5月に帝王切開で男児を出産しました。
30代半ばということもあり、出来れば早めにもう1人授かることができれば良いなと思っています。
産院
からは最低半年を開けてください。出来れば一年と次の妊娠のことを言われました。
来年の5月に以降であれば妊娠しても大丈夫ということでしょうか?
帝王切開後の妊娠は、時期によっては残念な決断をせざるを得ない場合もあると聞きますし、時期を選んで妊活しないといけないかもしれませんね。

では、帝王切開後の妊娠はいつからできるのでしょうか。

帝王切開後、いつから妊娠できる?

Free photo: Maternity, Female, Motherhood - Free Image on Pixabay - 1643062 (22678)

帝王切開での出産後、きっと医師による指導を受けていると思います。ただ、ネットやいろいろな場所で見聞きするものはどれも期間が違ったりして悩むところですよね。

●最低でも半年
●1年あけて
●2年あけて

など、さまざまなことが書かれていますよね。

これを書いているわたしの場合ですが、次男のときに軟産道強靭症で長時間のお産となったため、母体の状態が悪化し、緊急帝王切開となりました。
その後、医師からの指導では、『次の妊娠出産については2年あけてくださいね。旦那さんときちんと話し合ってくださいね』と言われました。
わたしの場合は第2子でしたから次の妊娠のことをすぐに考えることはなかったですが、これが初産だった場合、次の妊娠のことはきっと心配になることでしょう。
家族計画を立てている場合、年子を望んでいる場合もあるのでしょうから、計画がくるってしまうと不安になるかもしれません。

次に、帝王切開での出産後、次の妊娠出産までの期間をあける理由について考えてみましょう。

※軟産道強靭症は、十分に強い陣痛が来ているのにも関わらず骨産道異常や回旋異常もなく、分娩を妨げる要因はないのに子宮口も開かず赤ちゃんが下りてこられないまま、分娩が進行しなくなったり、非常にゆっくりになってしまう。※

帝王切開後の妊娠までの期間をあける理由

Free photo: Speaker, Child, Pregnancy, Baby - Free Image on Pixabay - 1305540 (22679)

子宮の回復をさせるためというのが、まずあげられます。これは、経膣分娩でも帝王切開でも同じですね。
しかし、帝王切開の方が慎重にならざるを得ない理由があります。それは、子宮を切開しての出産であるということです。

切開した子宮の壁は傷がある状態です。その傷の部分は、まわりの子宮の壁よりも薄い状態になっています。そのため、妊娠出産のときに子宮破裂を起こしてしまうリスクがあるのだそうです。
次の妊娠出産に耐えられる子宮に回復するために、間隔をあけて妊娠するように指導される理由といえそうです。

年齢などの理由で、すぐにでも次の子供をと考えるかもしれませんが、まずはママのカラダを回復させることに重点を置きましょう。
もしも、どうしてもできるだけ早くと望むのであれば、かかりつけの医師などに子宮の回復状態など妊娠が可能かどうか診てもらってはどうでしょうか。そうすれば、妊娠できるのか、時間をあけるのか納得しやすいでしょう。

出産後、生理が再開していなくても排卵は再開しているということがあるそうなので、生理が再開していないからと安心はしないほうがいいでしょう。
望んでいない期間に妊娠して、悲しい選択をしなければならないというケースもあるようですし、パパと避妊についてもしっかりと話し合っておく必要があるかもしれませんね。
41 件

関連する記事