住宅ローンの返済額の目安は?失敗しない借入額と返済額の決め方

住宅ローンは月々の支払は家賃くらいだけど、人生で一番大きな借金であることも代わりありません。 万が一のことを考えてしかり計画を立てないと、せっかくのマイホームを手放すことになりかねません。 どのように考えて準備すれば良いかを事前に調べておきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/03/01 公開 | 492 view

住宅ローンの返済額の目安は?失敗しない借入額と返済額の決め方

住宅ローンの返済額はどのように決めるの?

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (27700)

憧れのマイホーム。購入するには現金でという方はほどんどいらっしゃらず、住宅ローンを検討されるのではないでしょうか?
この住宅ローンの返済額ですが、3つのポイントが決め手になります。
1つは「借入金額」で住宅購入金額のことを指します。2つ目は「返済期間」で35年が最も長く設定が可能です。
最後に「金利」で、これがトータル返済金額に大きく影響していくものです。

「借入金額」を抑えるためには自己資金が必要です。
少しでも多く自己資金を調達しておくと後の約35年が楽になるのはもちろんのことです。
ただ引っ越し代や家具などの購入もあると思います。月々の返済とのバランスを考えて自己資金の出しすぎにも注意しましょう!

「返済期間」は短ければ短いほど毎月の返済金額が高くなります。しかし支払う利息は減るため総支払額は少なくなります。
期間に関しては繰り上げ返済等もできるので、よほどのことがない限り深く考えすぎなくてもよいのかなと個人的には思います。

「金利」は変動タイプと固定タイプの2種類が有ります。
変動タイプのほうが金利は低いですが、文字通り金利が変わる可能性があります。
それに対して固定タイプは安定的に支払いの目安が立てられます。
リスクをとるのか安心をとるかという点で考えてみてください。

一般的な返済負担率は25%から35%

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (44253)

金融機関が住宅ローンの審査をする際に、年収をベースにした年間返済額との割り合いを算出しています。目安となる計算式があるので、【返済負担率 計算式】などで検索していただくとご覧いただけますが
今はローン電卓のようなアプリもあるのでそちらで計算したほうが早いかと思います。
また、年収別の返済負担率は下記のようになっています。
●年収300万以下の場合の返済負担率は25%以下
●年収400万以下の場合の返済負担率は30%以下
●年収401万以上の場合の返済負担率は35%以下

とはいってもあくまでもこれは上限なので5%くらいは余裕を持っておくと審査に困らないと思います。

どれくらい借りられるかは年収や家族構成などで変わる

Free photo: Family, People, Car, Looking - Free Image on Pixabay - 932245 (43456)

一般的な返済負担率を説明いたしましたが、大切なのは、今の生活を維持しながら支払える額はいくらなのかということです。
ちょっと背伸びして予算を毎月1万増やしたとします。例えばお子様の塾代や外食費などに無理があってはせっかくの新居での生活にストレスを感じてしまいます。

つまり借りれる金額=返済が可能な金額ではないということです。
子供のいないカップルと、子供が2人いる家族ではお金の使い道が大きく変わります。

また、共働きかどちらかだけが働いているかによっても世帯の収入は変わります。
では審査にどう影響してくるのでしょうか?

まず、審査する段階で家族構成が確認されます。
扶養家族がいるか否かの確認もされます。
連帯保証や連帯債務者にならなくとも何かあった際に連絡が取れる人がいるかという点も確認しているようです。

しかしながら家族構成が住宅ローン審査にとても重要かというとそうでもないようです。
扶養家族が多いから審査NGになったということはなさそうです。

何年間返済できるかも重要

Free illustration: Stopwatch, Time Management, Time - Free Image on Pixabay - 2061848 (43457)

住宅ローンの返済期間は65歳までが望ましいと考えられています。そうすると35年ローンを組む場合は30歳までに借りないといけない計算になってしまいます。関東の結婚する平均年齢が30歳なので、結婚と同時に将来のライフプランを考えて住宅を購入しなければならない計算ですね。

銀行では年金や退職金を返済に充てることを想定してくれていますので安心してください。
不動産会社で会社の定年の年齢や、退職後の支払い方法は何にするのか確認されます。
大体の場合が、年金で支払うことで審査進めましょう!と言ってくださいます。

しかし、気を付けなければならないのが、年金をあてにして、それ以外の支出が本当に大丈夫かという事。

例えば、30歳で結婚し35歳で第一子、38歳で第二子が産まれたとします。
教育費で大学入学までを考えた場合、55歳ごろまでは教育費がかかります。
60歳を超えて子供の結婚や、両親の介護、そして自宅の修繕など大きな費用がかかります。

そういったことをしっかりと考えて繰り上げ返済を検討しながら35年間ローンに手をつけないのではなく
見直しも考えていきましょうね。

頭金を用意できると有利になる

40 件