産休はいつから取得できるの?パートもOK?働く女性は知っておきたい出産手当金の額と計算方法

働く女性が妊娠・出産をする際に気になるのが「産休」制度。言葉は知っているけど、いつから取得出来るのか、誰が取得出来るのかなど知らない人も多いですよね。そこで今回は、産休や出産手当金の制度について詳しくご紹介します。産休に入れるのはいつからなのか、貰える手当金額はいくらなのかを知り、安心して出産に臨みましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2018/05/01 公開 | 140 view

産休はいつから取得できるの?パートもOK?働く女性は知っておきたい出産手当金の額と計算方法

産休はいつから取得できるの?

Pregnancy Hands Woman · Free photo on Pixabay (116082)

働く女性の場合、誰もが1度は耳にしたことのある「産休」。しかし、実際に自分が取得してみないと、どのような制度なのか、いつから取得するのか分からないことも多いですよね。

まずは、気になる「産休」制度について詳しく説明していきましょう。

◆そもそも「産休制度」とは?

そもそも、産休制度とは一体どのようなものなのでしょうか。

「産休」とは、産前・産後休業の略で、妊娠した女性が無事に出産を経て仕事に復帰できるように、母体を保護する目的で制定された休暇のことを指します。

どんなに健康な妊婦さんでも、出産前後は体調が万全ではありませんから、一定期間のお休みが必要とされているのです。基本的には、どの企業であっても「産休」を取得することは労働基準法で決められていますので、会社の就業規則に明記されていなくても、取得する権利が認められています。

◆いつから取得できるのか?

産休には大きく分けて「産前休業」と「産後休業」の2種類があります。

「産前休業」:出産予定日の6週間前から取得可能(多児妊娠の場合は14週間前)
「産後休業」:出産翌日から8週間の取得が可能

産前休業の場合は、もし本人が望めば、休暇を取得せずに就業し続けることも可能ですが、産後休業の場合は、労働基準法65条にて「8週間は就業させてはいけない」と定められていますので、この期間は本人が望んでも働くことはできません。

ただし、産後6週間を過ぎ、経過に問題がないと医師が判断した場合に限り、職場復帰が認められています。この場合は、医師の診断書が必要となります。

産休は正社員だけしか取れないの?

Analytics Computer Hiring · Free photo on Pixabay (116083)

あまり知られていませんが、産休は正社員に限らず、パートや派遣社員、契約社員でも取得することが可能です。また、働き始めてすぐに妊娠が発覚した場合でも、産休を取得することが出来ます。

つまり、雇用形態や勤務期間の条件は一切ないということです。働く女性に与えられた権利ですから、堂々と申請しましょう。

育休との違いは?

Question Mark Hand Drawn Solution · Free photo on Pixabay (116084)

「育休」とは、育児・介護休業法で定められた制度で「労働者が原則として1歳に満たない子を養育するためにする休業」のことを言います。
原則として、子供が1歳になるまで取得することが出来ますが、昨今の待機児童問題により、保育園に入所できない場合は、育児休業を延長することも可能です。

産休との違いの大きな点は、産休は女性のみが取得できる制度に対し、育休は、男性も取得することが可能な制度であるところです。

最近の「イクメン」ブームに乗り、男性の育休取得を奨励する企業も増えています。

産休中のお金は?「出産手当金」とは?

Piggy Bank Money · Free image on Pixabay (116087)

46 件