EQ(こころの知能指数)を伸ばす子育てに注目☆子どもに豊かな人生をプレゼントしよう

EQという言葉を聞いたことありますか?もし、ないという方でも、IQは聞いたことがありますよね!そう、IQは知能指数のことです。そしてEQとはこころの知能指数のこと。最近では、子どものIQだけではなく、このEQを伸ばす子育てが注目されています。こころの知能指数って何のこと?などの疑問や、子育てにおけるEQの伸ばし方についてまとめました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/05/07 公開 | 2305 view

EQ(こころの知能指数)を伸ばす子育てに注目☆子どもに豊かな人生をプレゼントしよう

EQ(こころの知能指数)って何だろう?

Free photo: Apple, Love, Heart - Free Image on Pixabay - 570965 (64726)

EQとはエモーショナル インテリジェンス クオシェントの略で、IQが脳の知能指数を表すのに対して、EQは”エモーショナル”=”こころ”の知能指数を指します。人の感情である「嬉しい」「悲しい」「楽しい」「怒り」「安らぎ」などをうまく自分でコントロールできる力のことです。

「悲しい」「怒り」「嫉妬」などのマイナスの感情を、前向きな「嬉しい」「楽しい」「やる気」「意欲」などのプラスの感情に変えることができるのは、EQが高いと言えます。いわゆる生きていく中で、感情をコントロールできるかどうかの「人間力」の指数であると言えるでしょう。

実際、こんなことで悩むことはありませんか?

Free photo: Babies, Black, White, Children - Free Image on Pixabay - 2242682 (64731)

子育てをしていると、子どもの感情に振り回されることありますよね。愚図り、泣き叫ぶ、かんしゃくを起こす・・・どう対応していいか、すぐには悩んでしまうことも。いつも冷静に対応したいとは思っているものの、ママも忙しいのでついついイライラして、怒ってしまうことも多くないですか?
どうして泣いているのか分からず、こっちが泣きたくなること、ありますよね。
あとでイライラしてしまったことを後悔するって、ママのあるあるではないでしょうか。怒ってしまって、子どもの寝顔を見ながら反省・・・私はよくあります。
特にイヤイヤ期に入った子どもの対応は、本当に毎日疲れます。ママも毎日、子どもとの勝負の時期ですよね・・・
子どもは誰でも生まれつき、感情をコントロールすることは難しいです。不快な感情も甘えたい感情も、赤ちゃんは泣いて周りに伝えますよね。それがどんどん成長するごとに、笑う、怒るなどの感情を表情に出せるようになったり、言葉で伝えられるようになってきます。

それらの感情をうまくコントロールできるかどうかは個人差が大きいところですが、このコントロール方法は、幼少期の親との関わりにも関係しているとのこと。このコントロール能力の高さがEQの高さだと言われているんです!

EQが高いとどんなメリットがあるの?

Free photo: Heart, Love, Romance, Valentine - Free Image on Pixabay - 700141 (64728)

では、EQが高い子どもはどんな子どもに育つのでしょうか。EQが高いことで、子どもの性格や人柄にもたらすメリットをまとめました。

◆自分の意見をはっきり言える子に

まずEQが高いと、自分の意見をしっかりと言葉で言える子になります。自分の気持ちを隠して、貯めていつか爆発させたり、1人で悩んでいたり・・・ということはなく、素直に周りに伝えられる子に育つとのことです。親も子どもの気持ちを把握できた方が、安心ですよね!
56 件