妊活成功の秘訣が知りたい♡今SNSで話題の妊娠応援グッズや願掛けを徹底調査!

「妊活」とは本来、妊娠についての知識を得る事や体作り、不妊治療など幅広い活動の事を指しますが、近年ではインターネットの発達によって更に多様化しています。友達には相談し難いデリケートな内容だからこそ、twitterやinstagrumでは情報交換が頻繁に行われ、妊活を応援したり成功を喜び合うコミュニティもある程です。今回の記事では「これで妊娠に成功した」と口コミ多数の妊活情報についてまとめてみました♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/03/09 公開 | 1376 view

妊活成功の秘訣が知りたい♡今SNSで話題の妊娠応援グッズや願掛けを徹底調査!

妊娠の成功に向けて、最初はどんな妊活から始めるべき?

「妊婦」に関する写真|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (47353)

あなたは「妊活」という言葉を聞いてどんなことを想像しますか?最近では芸能人も妊活を宣言して休業をしたりと、非常に馴染みのある言葉になってきましたよね。このことによって“妊活”とは妊娠したいと思う夫婦が妊娠を成功させるために頑張ることだとイメージされる方も多くなりましたが、一言で妊活と言っても人によって様々な考えや方法、ステップがあるんです。

例えば、
・妊娠をするための知識を得ること
・妊娠しやすい体づくりをすること
・妊娠に向けての生活改善をすること
・不妊治療など

たとえ独身だとしても、いつか子供が欲しいと思う女性なら関係のある言葉なんですね。つまり結婚、出産、年齢など、あなたのライフプランやタイミングに合わせて“妊娠”について向き合う事が“妊活”と言うんです。周りの人と同じ様に「妊活しなきゃ!」と躍起にならずに、今あなたが出来る事を考え、あなたに合った妊活をしていきましょう。

いつかは子どもが欲しいと思うなら、今すぐ始めるべき事とは?

「妊活」に関する写真|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (47293)

まずは自分の体を知ることから始めましょう。

・生理は周期が整っていますか?
・生理痛は重くないですか?
・オリモノの量や質に違和感はありませんか?
・タバコを吸っていますか?
・お酒は飲みますか?

これまで特に自分の体について気にしてこなかった方も、まずは婦人科を受診してみましょう。上記の項目について違和感や疑問に思う事、知らない事がある方は、特に早めの受診がオススメです。なぜなら婦人科の病気や体質は症状に出ない事も多く、本人でさえ気づいていない事が多いからです。

実は私は中学生の生理が始まった頃からずっと生理不順でした。思春期特有のホルモンバランスの不整だと思い、特に気にする事なく過ごしてきましたが、それから十数年、結婚をして妊娠を望んで婦人科を受診し、初めて「多嚢胞性卵巣症候群」だと診断を受けました。多嚢胞性卵巣症候群とは簡単に言うと本来1周期に1つしか育たないはずの卵胞が何個も成長してしまい、排卵に障害が起きると言うものです。かろうじて自力で排卵は出来るものの、そのタイミングはわかりません。今は卵胞を育てる薬で改善を図っていますが、この多嚢胞性卵巣症候群は体質だそうで、改善は出来ても治ることはないと言うことでした。私はこれを知ってから本当に落ち込み、早いうちから婦人科で相談しなかった自分を悔やみました。知っていれば、何か手立てが合ったのではないかと思ってしまうからです。私の様なケースの他にも、気がつかないうちに性病にかかり放置した為に卵管が癒着を起こして排卵が出来なくなってしまった方や、卵子の質が同年齢の人よりも劣化していたという方、卵巣が腫れて手術が必要になったという方もいます。こういった病気や症状が早期の発見であれば防げるかもしれない、改善できるかもしれない、そう考えれば自分の気づいていない体のことについて知る事が本当に大切だという事がわかりますよね。
子供の欲しいタイミングが今ではないという方も、第一子を産んでからホルモンが安定しないなと思っている方も、これからのライフプランで出産を考えるのであれば、是非早めに婦人科を受診をしてください。

みんなはどうやって妊活の情報を仕入れてる??

 (46695)

では、ここからは妊活をしている人がどうやって情報収集をしているのか見ていきましょう。上のグラフはゲンナイ製薬株式会社が運営する「妊サポ」が20歳〜44歳の既婚女性に向けて行ったインターネット調査です。1,000名の回答者の内、妊娠や妊活について調べた方を対象にどんな方法で調べたかを聞いたところ、90%以上の方がインターネットサイトを情報源にしている事が分かりました。妊娠や妊活は人によって状況もタイミングも違うものですから、なかなか友人、知人には相談しにくいですよね。その為、気になった時にすぐに調べられるブログやホームページなどの方法が一般的なようです。一方で専門医に聞くという回答は20%足らず。妊娠する為に病院に行くことには抵抗があったり、若いうちはそこまでする必要はないと考えている方が多いことの表れかもしれません。しかし、インターネットでは多くの情報が得られる一方で、その正誤性が分からないものも多くあります。中には余計な不安を感じさせるものまであるでしょう。まずはインターネットでざっくりと知識を得ることはもちろん良いですが、より詳しいことは専門医にかかる方が安心でしょう。

脱!検索魔!!沢山の情報から必要なものを取捨選択しよう!

 (46700)

莫大な情報量のインターネット上ではSNSも含めて、良くも悪くも周りの情報が手に入り易いのが特徴です。周りと比べて自分を卑下してしまったり、必要以上の情報を鵜呑みにして焦ってしまったり、余計な心配をしてしまう方も多くいます。上のグラフを見ても分かるように、妊活をしている方はその時期が長くなればなるほど、インターネットの検索魔になります。どうにかして良い方法を見つけようとするあまり、ちょっとした症状や変化に敏感になりすぎることはかえってストレスになってしまいます。ストレスを溜めずに、前向きな情報と上手に向き合うこと。それが妊活成功の秘訣ではないでしょうか。

ストレスを溜めない事が1番大事!

「ストレス」に関する写真|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (47407)

妊活をしている時に気になるのが、ママやプレママのちょっとした発言やインターネット投稿です。本人に悪気がなくても、妊活をしている人にとっては大ダメージなことってあるんですよね。
「子供がいないと自由な時間があって羨ましい」
「妊活って大変だね」
「予定してなかったのに子供できちゃった」
など、単純にその言葉を聞いただけでは人を傷つける内容ではありません。しかし自分の現状と他人を比べてしまってできる歪が、その負の感情を湧き上がらせるんですね。しかし、他人とのコミュニケーションをとることによってストレスが溜まるのであれば、それは良いことではありません。時には上手に距離を測ったり、吐き出す場所を見つけながらガス抜きしていきましょう。
最近ではtwitterやinstagrumで妊活専用のアカウントを作り、同じ状況の仲間と匿名で励まし合うといった事が多くなっています。友達とは話せない内容も匿名のSNS上では相談する事が出来たり、リアルな体験談やアドバイスが貰えたりするのが妊活をしている女性の安心にもつながっているようです。多くの情報が飛び交うインターネットの世界だからこそ、前向きになれる情報を取捨選択していく事がきっとあなたの心の助けになるでしょう。

ここからはそんなSNSで話題になっているグッズやジンクスについてご紹介していきましょう♪
39 件