私立大学の学費ってそんなに高いの?私立大学の魅力とは?

今、高校卒業者の54.6%が大学へ進学しているのが現実です。そのため、大学進学がかなり大きなターニングポイントだとお考えの方も多いのではないでしょうか?平成28年では、全国で779の大学があり、そのうち77.5%の604校が私立大学です。いずれやってくるであろう大学受験、そしてその後の大学生活その間にいったいいくらお金がかかるのだろう?特に私立大学に進学した場合不安ですよね?今から、知識と金銭、両面からしっかりと準備しておく必要があると思いませんか?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/02/13 公開 | 1072 view

私立大学の学費ってそんなに高いの?私立大学の魅力とは?

私立大学の学費は高い!それって本当?

Free photo: Dollar, Currency, Money, Us-Dollar - Free Image on Pixabay - 499481 (34205)

国立大学と私立大学ではいくらくらい違うの?!

まず、入学金と授業料を合わせて初年度納入金となります。
入学金だけ見ると、国立大学も私立大学も大差がありません。むしろ公立大学が少し高いようです。
ただ、授業料となると、文系では国立より私立の方が20万円程高く、理系では倍額となり、医学部では5~6倍となるところもあるようです。ただ、大学、学部によりかなり開きがありますので、ご家庭で興味のある大学、学部を調べてみてください。

私立大学に行くにはいくら必要?

Free photo: Coins, Currency, Investment - Free Image on Pixabay - 948603 (34206)

みんな予備校には通うの?いくらくらいかかるんだろう?

Free photo: Classroom, School, Desks, Screen - Free Image on Pixabay - 1910014 (34208)

大学受験までに必要な経費として、様々なものが考えられます。まず、多くの学生が通う「予備校」。希望の授業を組み合わせて自分のカリキュラムを立てて通うものや、授業形式になっていたり、様々ですが、平均で年間40万円~100万円程かかるそうです。その他、参考書や赤本等にもかかってきます。
大学受験のための塾・予備校の費用

大学受験のための塾・予備校の費用

受験料は?何校くらい受けるんだろう?

今、一校の受験料の平均が35000円です。10校受けるとそれだけで350000円かかってしまいます。実際みんなは何校位受験するのでしょうか?現役生で4、5校、浪人生で10校程。平均では6、7校だそうです。また、地方から都心部の学校を受験する場合は、交通費、宿泊費などそれ以外もかなり必要となります。

私立大学の学費みんなはどうやって用意しているの?

59 件

関連する記事