おむつなし育児は赤ちゃんとのコミュニケーションが重要!その方法と便利アイテム5選

皆さんは「おむつなし育児」というのをご存知でしょうか。その名の通り、おむつなしで育児する方法なのですが、難しそうに見えて、意外とやってみると簡単で育児が楽しくなると評判なんですよ。おむつも節約できるうえに、赤ちゃんとの絆も深まるおむつなし育児。今回は、そのやり方やおむつなし育児のメリットについてご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/06/18 公開 | 419 view

おむつなし育児は赤ちゃんとのコミュニケーションが重要!その方法と便利アイテム5選

おむつなし育児って何?

Free photo: Baby, Girl, Newborn, Child, Cute - Free Image on Pixabay - 2395307 (73467)

おむつなし育児とは、その名の通り、できる限りおむつを使わずに育児をすることで、赤ちゃんの様子をうかがいながら、おまるやトイレなどに排泄させる子育て法のことを言います。現代の日本では、高機能の紙おむつが多く販売されていますので、おむつを使用して育児をするのが主流ですよね。「おむつなしで本当に育児できるの?」なんて思われる方もいると思いますが、実はおむつなしで排泄する習慣をつけると、おむつ外れが早かったり、おむつ代の節約になるなど、様々なメリットがあるんです。

今回は、そんな「おむつなし育児」について詳しくご紹介していきましょう。

おむつなし育児はいつから?

Free photo: Baby Boy, Child, Christmas, Costume - Free Image on Pixabay - 84489 (73468)

いつからおむつなし育児をスタートするのか?という、明確な決まりはありませんが、早ければ早く始めたほうがスムーズに進みやすいと言われています。一般的には、生まれてすぐの新生児~生後6か月くらいまでに始める方が多いようです。これを過ぎてしまうと、「排泄=おむつ」と学習してしまい、トイレやおまるに教えなおすのが大変になってしまいますので、気を付けましょう。

ただし、まだ首のすわっていない赤ちゃんの場合は、体が安定せず、おまるやトイレに座ることが難しいと思いますので、ママがしっかり支えてあげるように気を付けてください。

おむつなし育児のやり方とは?

Free vector graphic: Question Mark, Faq, Answer, Guide - Free Image on Pixabay - 160071 (73470)

では、早速おむつなし育児のやり方をご紹介しましょう。言葉の理解が未熟な赤ちゃんに、どのように排泄のタイミングを知らせてもらえるかがキーポイントになってきます。焦らずゆっくりと慣らしていきましょうね。

1. 排泄の合図を決める

Free photo: Dad, Mom, Love, Hand, Family, Baby - Free Image on Pixabay - 1716160 (73471)

まず一番最初に行うこととしては、「排泄の合図を決める」ことです。赤ちゃんが排泄をするたびに、声をかけ、おまるやトイレに座らせることを繰り返しましょう。「しー」や「うーん」などの声掛けしていくことで、おしっこやウンチの合図を理解してくれます。

2. タイミングを知る

Free photo: Baby, Baby Girl, Sleeping Baby - Free Image on Pixabay - 784609 (73472)

次に、赤ちゃんが排泄するタイミングやパターンを知りましょう。排泄の間隔や排泄する際に見せる表情・しぐさなどをよく観察し、授乳や昼寝と連動させて少しでも気づいたことをメモしておきます。赤ちゃんが排泄をしたら、ママもすかさず排泄の合図を送ってあげましょう。

こうして、観察を繰り返していくと、その子のパターンやタイミングがつかめてくるはずです。最初はうまくいかないと思いますので、床が汚れてもいいように、バスタオルや防水シートなどを敷いておくと掃除が楽ですよ!
56 件