おっぱいのトラブル「乳腺炎」の予防と対処法

順調に母乳育児が進む中、突然のトラブル。乳首か切れ、痛くなって思うように赤ちゃんが吸ってくれなかったり…母乳分泌が急に悪くなったり、突然の高熱と共に乳房が激痛、そして真っ赤になるetc・・・これが「乳腺炎」です。ママにとっても赤ちゃんにとっても、突然のことで災難です! 乳腺炎は、痛いし辛い…乳腺炎はならないのが一番です。そのための予防法と、なってしまった時の対処法についてお伝えしていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2016/12/21 公開 | 329 view

おっぱいのトラブル「乳腺炎」の予防と対処法

乳腺炎とは?

Free photo: Super, Mami, Mama, Bebe, Arms - Free Image on Pixabay - 951190 (11319)

乳腺炎とは、一度開通した乳腺もしくは乳首が詰まってしまうことを言います。
母乳は我が子に必要な量だけ、どんどん作られているのに、つまりが原因で母乳が出ずに溜まってしまう。
それにより、ママにとって辛い症状が出てきてしまうトラブルです。

乳腺炎の症状

Free illustration: Time Heals All Wounds, Consolation - Free Image on Pixabay - 1087105 (61697)

乳腺炎…

乳腺炎は、私も経験があります!!


陣痛とはまた違った痛み…
びっくりするくらい痛いです えーん


陣痛には無痛があっても
乳腺炎には無痛はありませんからあせるあせる
耐えるしかありませんえーん
・おっぱいがなにしろ痛い
・しこりができる
・乳房(全体または一部)が赤くなる
・39度を超える高熱が出る
・母乳の出が悪くなる
・白斑と言って乳首に白く小さなオデキのようなものができる

どうしてこの時期に多い?

Free photo: Girl, Beauty, Portrait, Winter - Free Image on Pixabay - 1166842 (11324)

冬は乳腺炎が多くなる時期でもあります。
寒さで体が冷えてくると、血液の循環は悪くなります。
母乳はママの血液でできていますから、
血液の循環が悪くなることは、おっぱいトラブルの原因にもなります。

もう一つは、脱水です。
夏場はよく汗をかき喉も渇くので、こまめに水分補給をするかと思いますが、冬場はあまり喉が乾かないので水分補給が少なくなりがちです。
乾燥していますので、体の水分は案外と失われているのです。
脱水状態になると母乳は濃くなります。
濃い母乳は詰まりやすいので乳腺炎になりやすいのです。
そして、何よりも冬、特にクリスマス、年末年始に乳腺炎が多くなる原因として、ご馳走の食べ過ぎがあります。特に、私の経験からバターなどを多く使った洋食や、ケーキやチョコレートなどの食べ過ぎです。それらを食べることで血液がドロドロになり、詰まりの原因となるのです。

乳腺炎になったら...対処法

Free photo: Woman, Desperate, Sad, Tears, Cry - Free Image on Pixabay - 1006100 (11326)

乳腺炎は、かなりの痛みを伴います。その痛みは授乳のとき、更に痛みは増強します。
そのため、乳腺炎になって授乳を拒む方、熱も伴うと、その熱が我が子に移るといけない!と思い込み、飲ませない方もいます!
しかし、乳腺炎の一番の対処法は授乳です。

具体的な授乳方法は、痛みやしこりがある側から始め、そちら側を長めに吸ってもらってください。
頻回に吸ってもらうことで解消していくケースは多いです。
ですから、痛みがあったり普段よりも母乳の出が悪かったり、我が子ものみたがらなかったりしますが、我が子に吸ってもらうことが何よりもよい方法です。

しかし、赤ちゃんに吸われるだけでは改善できない場合もあります。
例えば、熱が下がらない、シコリがどんどん大きくなっていくetc そんな時は、病院に連絡をして相談してください。
そのまま放っておくと、乳腺の炎症が進み膿がたまり、切開が必要になることもあります。ひどくなる前に相談してください。

乳腺炎は、ならないのが一番!予防法

Free vector graphic: Breast-Feeding, Motherhood, Mother - Free Image on Pixabay - 1711486 (11337)

27 件