住宅ローンの借り換えにベストな3つのタイミングとは?賢い返済のポイントも教えます!

住宅ローンは長期の返済になる事がほとんどです。長期の返済期間の中で、各社の金利は刻々と変化していきます。そこでパパやママが考えるのが、住宅ローンの借り換えです。そこで今回は、”住宅ローンの借り換えにベストな3つのタイミング”についてご紹介します。また、住宅ローン残高の”賢い返済のポイント”や注意点についてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。この機会に、住宅ローンの切り替えについてパパと相談してみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2019/06/27 公開 | 21 view

住宅ローンの借り換えにベストな3つのタイミングとは?賢い返済のポイントも教えます!

住宅ローン借り換えにベストな3つのタイミングとは?

 (157759)

住宅ローン借り換えにベストな3つのタイミング
✔︎固定金利の期間が終了するタイミング
固定金利期間が終了すると、金利が一気に高くなる場合があります。
そのタイミングで、他の住宅ローンに切り替えると良いでしょう。
金利は、各社様々ですので固定金利期間が終了する前にシミュレーションしてもらって、早く切り替えられるように準備しておくのも1つの手です。

✔︎契約中の住宅ローン金利と比べて、他の住宅ローン金利が0,3%低いものを見つけたタイミング
一般的に、このタイミングで住宅ローンを切り替える方が一番多いです。
他の住宅ローン金利が、契約中の金利に比べて0,3%低い場合、手数料を加味してもローン残高が安くなる事が多いです。
どこの住宅ローン会社もそうですが、金利は刻々と変化していきます。
この条件を満たした他の住宅ローンを見つけた時が、借り換えにベストなタイミングなので積極的に切り替えを検討しましょう。
Fitness Jump Health - Free photo on Pixabay (157797)

✔︎健康状態が良好で、住宅ローン残高が1,000万円以上のタイミング
そもそも健康状態が良好でないと、借り換え出会っても住宅ローンを契約することは難しくなります。
また、住宅ローン残高が1,000万円以下になってしまうと金利の影響がさほどない上に、手数料が高い為ほとんどの場合切り替えた方が、ローン残高が高くなってしまいます。
その為、健康で住宅ローン残高がたくさんあるうちに金利の低い住宅ローンに切り替えることをおすすめします。

賢く住宅ローンを返済しよう!ポイントや注意点とは?

 (157758)

賢い住宅ローン返済のポイントとは?
✔︎繰り上げ返済をうまく活用する
繰り上げ返済をうまく活用することで、利子を節約することができます。
繰り上げ返済は、各社様々な決まり事(金額や手数料など)があります。
返済はなるべく早い時期の方が利子を節約する効果も高く、少額を何回かに分けて返すよりもある程度まとまった金額(100万円以上を目安)を返済する方が、手数料も節約できてお得です。
Warnschild Site Shield - Free photo on Pixabay (157802)

住宅ローン返済の注意点とは?
✔︎無理して繰り上げ返済しない
繰り上げ返済できるからといって、無理な返済の仕方はおすすめできません。
最低でも、パパやママの1ヶ月のお給料×半年分(準備金)は手元に残すようにしましょう。
特に子どもが小さいうちは予測できない事態になる事も多いので、万が一の為の準備金は必ず手元に置いておくようにしましょう。

✔︎返済を滞らせないように口座には多めの金額を入れておく
万が一返済が滞ってしまった場合、住宅ローン制度を利用できなくなってしまう場合もありますので十分注意しましょう。
パパやママは日頃忙しいので、忘れてしまった・・なんてこともありますよね。
そうなっても対応できるように、あらかじめローン返済口座へ多めに(毎月の住宅ローン返済金額3ヶ月分程度)入金しておく事をおすすめします。

イオン銀行の住宅ローンがおすすめ!フリーローンについてもご紹介

People Woman Girl - Free photo on Pixabay (157806)

数ある住宅ローンの中でもおすすめなのが、イオン銀行の住宅ローンです。
イオン銀行の住宅ローンは、金利も低く借り換え限定の金利という商品もあります。

また、手続きは窓口でも相談できますし、シミュレーションもその場ですぐにしてくれますのでとても便利です。
イオン銀行のフリーローン
イオン銀行のフリーローンは、とても人気が高く手続きも簡単です。
子育て世代のパパやママにも、ぜひ活用していただきたいフリーローンの1つです。
27 件