【高齢出産】第2弾◇何歳まで産める?リスクやデメリットを予防する方法はないの?

高齢出産について第2弾です。高齢出産にはリスクやデメリットが伴います。絶対に予防できる、回避できるというものはないかもしれませんが、やれることはあります。妊娠出産が何歳までできるのかというお話にあわせて、高齢出産のデメリットとリスクとデメリットを予防・回避する方法をご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/07/23 公開 | 553 view

【高齢出産】第2弾◇何歳まで産める?リスクやデメリットを予防する方法はないの?

高齢出産◇何歳まで産める?

 (79629)

妊娠できる期間は、初潮を迎え月経がはじまります。その月経が続いている限り妊娠できる可能性があるとされます。つまり、理論上は初潮から閉経まで可能ということになります。
閉経の平均的な年齢は50歳ごろといわれているので、理論上妊娠可能ということですね。

ただし、あくまでも理論上ということです。高齢出産といわれる年齢になってくると、妊娠率は下がってきます。

日本生殖医学会によると、不妊の頻度は25~29歳では8.9%、30~34歳では14.6%、35~39歳では21.9%、40~44歳では28.9%と加齢とともに不妊の頻度が上がっていきます。

閉経していなくても、加齢に伴って卵子の質は低下し、数も減っていきます。理論上閉経まで妊娠は可能といっても、その通りにはいかないと考えた方がいいかもしれません。

高齢出産◇リスクとデメリット

 (79631)

高齢出産となるとリスクやデメリットが伴うということは、ご存知の方も多いのではないでしょうか。そのことばかりを意識しすぎてしまうのはよくないことではありますが、しっかりと把握しておくべきことでもあります。
大きなリスクとしては妊娠率の低下や赤ちゃんの先天異常、妊娠中の疾患、流産・早産・難産の増加があげられます。

リスクとメリットについては第1弾でご紹介していますので下記のリンクを参考にしてみてください。この記事、第2弾ではデメリットを少し考えてみたいと思います。

高齢出産のデメリット①体力がない

 (79874)

年齢を重ねることによって、体力は徐々に衰えていくというのはあることでしょう。出産のことでいえば、筋力の低下によってお産の力が弱くなることがいわれています。お産が長引くことで帝王切開となることもあるようです。
危険を回避するため、高齢出産の場合は帝王切開をすすめる産院もあるようですね。

産後でいえば、新生児期は最低3時間おきの授乳ですし、昼夜逆転の子も多く睡眠不足が続きます。自分で動くことができるようになった赤ちゃんのお世話も体力勝負なところもあります。
体力的につらいなと思う部分があるのも実際のところでしょう。

35歳で初産を迎えたわたしは、第2子を37歳で出産しました。体力的にはつらいです。どちらも男の子ということもあり、恥ずかしながらついていくのがやっとです。

高齢出産のデメリット②妊娠線ができやすい

 (79877)

妊娠線ができる原因はおなかが大きくなることに皮膚の伸びが追いつかず、対応できないことでできるといわれています。もうひとつは、妊娠中は肌の弾力をもたらす細胞の生成をしてくれるホルモンが抑えられるのだそうです。そのため正常なターンオーバーができなくなり、薄く固くなった皮膚に亀裂が入ってしまうのだそうです。
年齢を重ねていると、ターンオーバーはゆっくりになりがちで弾力も減ってくることから、妊娠線はさらにできやすくなってしまうといわれています。

これは、個人差があるものです。ターンオーバーのことだけでなく乾燥などさまざまな要因も考えられます。
高齢出産だから、妊娠線は必ずできるというものでもなければ、若ければ妊娠線ができないということでもないということを付け加えておきます。

高齢出産のデメリット③頼りたい親も高齢に

 (80132)

39 件