赤ちゃんでも貧血になる?!知らなきゃ怖い乳幼児に多い鉄欠乏性貧血について

大人でさえ辛い貧血ですが、実は赤ちゃんも貧血を引き起こすと知っていますか?赤ちゃんの貧血で多いのは鉄欠乏性貧血ですが、赤ちゃんは自分が貧血になっているとは分かりませんし、訴えることもできません。ママやパパが気づいて改善・対策する必要があります。そんな赤ちゃんに多い鉄欠乏性貧血についてご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/09/18 公開 | 177 view

赤ちゃんでも貧血になる?!知らなきゃ怖い乳幼児に多い鉄欠乏性貧血について

赤ちゃんに多い鉄欠乏性貧血とは

Free photo: Baby, Baby Girl, Sleeping Baby - Free Image on Pixabay - 784607 (86884)

貧血とは一般的に血液中のヘモグロビン値が低い・少なく、細胞に酸素や栄養が行き届いていない状態のことをいいますが、赤ちゃんに多い鉄欠乏性貧血は鉄分不足によって引き起こされる貧血です。大人であれば立ちくらみやめまい、吐き気などの自覚症状が表れるため貧血だと気づくことができますが、赤ちゃんはそういった不快感を覚えても訴える術を持っていません。そのためママやパパが貧血を引き起こしていないか注意深く見てあげる必要があります。
赤ちゃんの貧血を放置しておくと神経の機能障害・発育障害が引き起こされる恐れもあるので、赤ちゃんが最近元気がないな、顔色が悪いなと感じたときには貧血の可能性が高いので小児科で診てもらうようにしましょう。赤ちゃんはまだ自分で貧血だと判断することができません。毎日関わっている親だからこそ、その変化に気づいてあげましょう。

どうして赤ちゃんでも貧血になるの?

Free photo: Baby, Child, Newborn, Arms - Free Image on Pixabay - 499976 (86885)

産まれてから半年くらいまではママから貰った栄養が徐々に使われていくので貧血になる赤ちゃんは稀です。しかし生後半年を迎えるとその蓄えも失われ、母乳やミルク、離乳食から栄養を補っていくようになります。この時に母乳に含まれる鉄分が少ない、離乳食が進まないといったことが起こると赤ちゃんが鉄不足に陥ります。最近のミルクは鉄分を含んでいるものが多いので、どちらかといえばミルク育児より母乳育児で育てている赤ちゃんの方が鉄分不足を引き起こし貧血になります。
母乳育児、離乳食がなかなか進まない、食事が偏っている場合には特に注意が必要です。また母乳育児のママは自分が食べる食事にも気をつけなければいけません。ママが食べたものが母乳の成分へと変換されるので、離乳食と合わせて母乳をあげている場合には鉄分を多く含む食事を心がけましょう。他にもミルク育児であっても赤ちゃんによって貧血を引き起こしやすい子もいるので、ミルク育児だから貧血にならないというわけではありません。よく赤ちゃんの顔色などの状態を確認しましょう。

赤ちゃんが貧血になっているか見分けるためのポイント

Free photo: Baby, Boy, Hat, Covered, Eyes - Free Image on Pixabay - 1399332 (86886)

赤ちゃんが貧血になっているかを見分けるポイントがあるので、これらのことに当てはまる場合には一度小児科で診てもらうようにしましょう。問題がない場合もありますが、放っておくと神経系の異常や障害を引き起こす恐れもあるので、大丈夫だと勝手に判断しないようにしましょう。相談に行くだけでも安心できますよ。

顔色が青白いかチェック

Free photo: Dreamy, Eyes, Look, Baby - Free Image on Pixabay - 20100 (86903)

血液中にあるヘモグロビンは酸素とくっつくと赤色に変化して肌色を明るくします。しかしヘモグロビン値が低い・少ないと顔は青白くなってしまいます。特に風邪や下痢を引き起こしていないのに、赤ちゃんの顔が青白い場合には貧血を起こしている可能性が高いので注意が必要です。また合わせて他の特徴もないか確認しましょう。貧血になると他にも元気がなくなる、ミルク・母乳の飲みが悪い、離乳食を食べなくなったなどの症状が表れます。見逃さないようにしましょう。

機嫌が悪くて元気もない

Free photo: Baby, Newborn, Tears, Sad, Cry - Free Image on Pixabay - 408262 (86904)

ヘモグロビンは体全体に酸素を運ぶ役割を持っています。しかし鉄分不足になるとヘモグロビンが足りなくなり、酸素を十分に運べなくなります。そのため体が酸欠状態になってしまうので、機嫌が悪い・元気がないなどの状態になります。最近ずっと機嫌が悪い、ぐったりとしているなどの場合には貧血の可能性があります。体力が落ちている状態なので風邪や感染症にかかりやすくなっています。赤ちゃんをあやしてもなかなか機嫌が良くならない、元気がない日が続く場合には貧血を疑ってみましょう。
40 件