子供のイチゴ舌の原因は何?溶連菌感染症と川崎病が引き起こす症状と出来る対策を知ろう

良く見てみると、子供の舌がイチゴのような状態になったという事はありませんか?イチゴ舌で考えられる病気として溶連菌感染症と川崎病の可能性があります。イチゴ舌を引き起こす溶連菌感染症と川崎病の原因と対策について確認してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/03/18 公開 | 363 view

子供のイチゴ舌の原因は何?溶連菌感染症と川崎病が引き起こす症状と出来る対策を知ろう

イチゴ舌とはどのような状態?

イチゴ舌とはどのような状態か知ろう

イチゴ舌とはどのような状態か知ろう

子供の状態を見ているとふと舌に違和感を感じる事はありませんか?それはもしかしたらイチゴ舌が引き起こされているかもしれません。
イチゴ舌とは、下に赤いボツボツが出来る事です。イチゴ舌になる時には痛みや症状を上手く伝える事が出来ないだけではなく、不機嫌や食欲不振を示す事があります。
小さな事でもしっかりと気づいてあげるためにも普段から観察を忘れないようにしたい所です。

イチゴ舌が起きるのは溶連菌感染症

溶連菌感染症でイチゴ舌は引き起こされる

溶連菌感染症でイチゴ舌は引き起こされる

イチゴ舌が引き起こされる疾患として有名なのが溶連菌感染症です。溶連菌感染症は溶連菌という細菌が飛沫(ひまつ)感染して引き起こされる疾患です。
毎年冬を中心に流行する傾向がありますが、1年中時期を関係なく可能性がある疾患なので注意しておきましょう。発熱やのどの赤みなどが見られますが、風邪と少し様子が違う程度なので素人では見分けがつかない事があります。
感染してから約2~5日の潜伏期間を経て発症する特徴があります。喉の痛みや発熱などの症状があれば、舌の状態を確認してみましょう。場合によってはこの時点からイチゴ舌を確認する事が出来ます。
次は溶連菌感染症の原因についてみていきましょう。

溶連菌感染症の原因

溶連菌感染症の原因は何がある?

溶連菌感染症の原因は何がある?

溶連菌にはいくつかの種類があり、溶連菌感染症はA群溶血性連鎖球菌に感染する事で引き起こされます。喉の痛みなどはこの細菌に感染する事で炎症になり痛みが出てきてしまいます。
咽頭の検査や血液検査によって溶連菌感染症の診断が出来るので診察の目安を覚えておきましょう。
のどが腫れて痛む、高熱や発疹、嘔吐、頭痛などの症状が2日以上続く場合には、必ず医師の診断を受けましょう。咽頭の検査や血液検査により、溶連菌感染症の診断ができます。
風邪かも?と考えてもイチゴ舌などがあればすぐに受診しましょう。溶連菌は子供に多い症状ですが、場合によっては大人への感染や兄弟、お友達への感染の可能性も出てくるので早期発見・予防が重要です。

溶連菌感染症の症状

症状は何がある?

症状は何がある?

溶連菌に感染すると約2~5日程度で症状が出てきます。代表的な症状はのどの痛みと発熱なので風邪と間違えやすい特徴があります。
ただし、溶連菌感染症の場合には咳や鼻水が風邪と違ってほとんどなく、のどの痛みばかり強いという特徴があります。場合によってですが、扁桃腺などが腫れるだけではなく喉の入り口付近まで炎症が広がりリンパ節が腫れるケースもあります。

喉の痛みと発熱が出てきた頃には、発疹が引き起こされます。赤く小さな発疹が手足や体の全体に出てきます。1週間ほどで皮が剥けてしまう事もあります。
この時期にはイチゴ舌の症状も出てきます。

家庭で気を付けておきたいこと

41 件

関連する記事