秋に食べたい秋刀魚のおすすめレシピ7選!基本の塩焼きのポイントと下処理の方法もご紹介!

秋といえば秋刀魚のシーズンですね。秋刀魚は脳の発達を促すDHAや、血液がサラサラになる効果のあるEPAが豊富に含まれていて、とても健康に良い食材。それだけでなく、旬の時期の秋刀魚は脂が豊富に乗っていてとてもおいしいですよね。今回は秋にたくさん食べたい秋刀魚レシピをご紹介します。定番の和食はもちろん、韓国風やイタリアン風まで様々なレシピがありますよ。秋刀魚の基本である下処理と塩焼きの方法もご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2020/06/08 公開 | 98 view

秋に食べたい秋刀魚のおすすめレシピ7選!基本の塩焼きのポイントと下処理の方法もご紹介!

秋刀魚のおすすめレシピ◎基本の塩焼きと下処理の方法

 (178808)

秋刀魚と言えば塩焼きですよね。でも、下処理をしたりおいしく焼くのって難しそう…と、内臓や頭を落とした下処理済みであったり焼いた後のものをスーパーで買ってきてしまいませんか?実は秋刀魚は漁の際にうろこがはがれ落ちてしまうため、うろこの処理もいらずとても簡単に調理できる魚なんです。

下処理済みのものもお手軽ですが、処理前のものの方がお値打ちで新鮮ですよ。まずは下処理の仕方と、おいしく焼ける塩焼きの方法をご紹介します。

秋刀魚の下処理の方法

秋刀魚の基本の下処理は以下の通りです。
頭と肝を簡単に取る方法なので、肝が好きで残しておきたいという方はこちらの工程は省いてくださいね。

①秋刀魚のお腹をまな板に当てるように立てて置く
②背中から胸びれの後ろ部分に包丁を入れる
③中骨を切ったら包丁を頭側に抜く
(骨を切った感触があったら最後まで頭を切り落とさないのがポイント)
④お腹側を上にして、肛門から1cmほど手前に軽く切り込みを入れる
⑤頭をそっと引き抜くと肝も一緒にスーッと取れてきます。
また、下記の動画でも分かりやすく解説してあります。
はじめて下処理をするという方は動画と合わせて見てみるとイメージが湧きやすいですよ。

秋刀魚のおいしい塩焼きの方法

秋刀魚のおすすめレシピ①秋刀魚の竜田揚げ

 (178817)

魚が苦手なお子様にもおすすめな秋刀魚の竜田揚げ。秋刀魚のジューシーな身と、しっかりとした味付けがマッチしてとてもおいしいです。秋刀魚だけではおかずとしてボリュームが足りない…という方もこちらなら文句なしのボリュームです。必ず家にある材料でできるのも嬉しいポイントです。

【材料】
・秋刀魚
・酒
・みりん
・しょうゆ
・おろししょうが(チューブでOK)
・片栗粉

秋刀魚のおすすめレシピ②秋刀魚の甘辛炒め

 (178821)

43 件