【小児アレルギー性鼻炎】子供のくしゃみが止まらない!対処法は?成長と共に改善するものなの?

子供がくしゃみや咳、鼻水を繰り返すようなら、それは風邪の症状ではなく小児アレルギー性鼻炎かもしれません。小児アレルギー性鼻炎は、大人と同様に花粉やハウスダストが原因であることが多いのですが、大人に比べて症状がはっきりしないため気付かれにくい場合があります。しかし、この症状は放置すると目や喉などに炎症が現れたりと深刻な状況になることもあるんです。子供がアレルギー性鼻炎で苦しむことがないよう、今回は対処法や成長と共に緩和するものなのかなどをご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/09/21 公開 | 79 view

【小児アレルギー性鼻炎】子供のくしゃみが止まらない!対処法は?成長と共に改善するものなの?

小児アレルギー性鼻炎とは?

 (87470)

ダニやほこりなどのハウスダストや花粉などで鼻の粘膜が刺激されて起こるのがアレルギー性鼻炎です。
今や5人に1人がアレルギー性鼻炎を持っていると言いわれており、大人だけではなく子供にもこの症状が多く見受けられています。

危険な病気ではありませんが、放置してしまうと日常生活にも影響が出てきます。
鼻が詰まって睡眠不足になったり、鼻を掻きむしって鼻出血を起こしたり、子供の場合は鼻詰まりで食事が出来なくなってしまうこともあります。

子供は特に自分の症状を上手く伝えられないので、症状が悪化してしまうケースも少なくありません。
子供に気になる症状が見受けられた場合は、速やかに耳鼻科を受診しましょう。

小児アレルギー性鼻炎の2種類の原因とは?

 (87473)

大人だけでなく子供にも多く見られるアレルギー性鼻炎。
このアレルギーを引き起こす原因となっているものは、一体何なのでしょうか?

主にアレルギー性鼻炎の原因と言われているものには、季節性のものと通年のものとがあります。

季節性アレルギー性鼻炎

 (87474)

季節性アレルギー性鼻炎の代表的な例は花粉症です。
この花粉は一年中飛んでおり、鼻粘膜を刺激することで症状を引き起こします。

主に開花時期に発症するケースが多く、春先はスギやヒノキ、夏はシラカバ、秋はブタクサやカナムグラなどが有名です。

通年アレルギー性鼻炎

 (87480)

通年性アレルギー性鼻炎は、季節に関係なく一年中症状が続くアレルギーです。

このアレルギーを引き起こす原因となっている物質は、人によって異なりますが主にハウスダストが原因と言われています。

ハウスダストとは、室内にある塵のことでダニの糞や死骸、ペットや動物のフケ、カビなどの細菌などが挙げられます。
季節性と異なり、これらは生活環境を見直すことで改善出来るものなので、早めに原因を特定することが大切です。

季節性アレルギー性鼻炎の対処法はセルフケアが大切

 (87481)

季節性アレルギー性鼻炎の代表花粉症には、自身で行う早目のセルフケア対策がとても有効です。

症状を軽くするには、まずは食生活から。
飲酒や喫煙、間食などの暴飲暴食は避け、身体にはなるべく負担をかけないようにしましょう。

三食の食事は野菜やヨーグルトなどの乳酸菌などを中心に摂り、栄養バランスの良い食生活を心がけましょう。
すぐに効果が出るものではありませんが、耳鼻科から処方された薬と併用して続けることが大切です。

また、外出して帰宅した際は服に付いた花粉をよく払い、うがいや手洗いを徹底しましょう。
花粉が多く飛ぶ日は、花粉が付きにくい素材の服を選ぶなどの工夫も必要です。

これだけでも辛い症状が少しは軽減するはずです。
54 件