赤ちゃん連れで家族旅行はいつから?宿泊施設や失敗なく旅行を楽しむためのポイントとは

赤ちゃん連れの家族旅行だと気が引ける…というご家庭が大半だと思いますが、赤ちゃん連れでも楽しめる施設はたくさんありますし、赤ちゃん歓迎の宿泊先もあります。家族旅行に赤ちゃんを連れて行きたいけどいつからか迷うという悩みや失敗なく旅行を楽しむためのポイントをまとめましたのでどうぞ役立ててください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/05/03 公開 | 107 view

赤ちゃん連れで家族旅行はいつから?宿泊施設や失敗なく旅行を楽しむためのポイントとは

赤ちゃん連れの家族旅行は大変?

Free photo: Frogs, Funny, Travel, Luggage - Free Image on Pixabay - 897387 (64023)

赤ちゃんの月齢が小さいと家族で出かけられる範囲も限られてしまい、旅行や遊びも十分にできない!と諦めてはいませんか?確かに赤ちゃん連れの旅行は大変です。周りに迷惑をかけていないかとハラハラしたり、赤ちゃん連れなので行ける場所も限られたり…とお母さんやお父さんも心身ともに疲れてしまうでしょう。

しかし赤ちゃん連れの旅行が全くもって無理!というわけではありません。赤ちゃん連れでも行ける旅行先はたくさんありますし、赤ちゃん連れでも大歓迎という旅館やホテルだってあります。家族がみんな楽しい旅行をするためにも、これらの施設を活用して赤ちゃん連れでも楽しい旅行に行ってみましょう!

多少の迷惑は赤ちゃん連れでなくてもかけてしまうものです。赤ちゃんづれだからと後ろめたくなる前に、赤ちゃんからさまざまな経験をさせてあげたいと前向きに考えていきましょう!

赤ちゃんはいつから家族旅行に行ける?可能月齢の目安とは

Free photo: Blue, Summer, Woman, Mom, People - Free Image on Pixabay - 69762 (64024)

赤ちゃん連れの旅行ですが、この時期から大丈夫!という決まりや目安は基本的に決まっていません。月齢が小さいと長い時間の移動は困難となるので、まずは近場の旅行から徐々に慣らしていくようにしましょう。だいたい首の座る時期から車での移動が良いといわれ、電車や飛行機は赤ちゃんの泣き声や体調トラブルでお母さんやお父さんも余計に疲れてします。

車移動なら荷物も多く持っていけますし、車の中は自分の家族だけなので他人に迷惑をかける心配もありません。宿泊先までの距離にもよりますが、荷物が多い場合などは車の方が楽ですよ。また旅行先は国内の近場にするようにしましょう。海外などは赤ちゃんにとって負担となりかねません。国内でも遠出となると、やはり赤ちゃんに大きな負担となり体力を削ってしまうので注意しましょう。

赤ちゃん連れでも楽しめる家族旅行にするために

Free photo: Mother, Son, Women, Family, Love - Free Image on Pixabay - 2141693 (64025)

赤ちゃん連れでも楽しめる家族旅行にするためには宿泊先やメインとなる旅行先にトイレの作りや授乳室がきちんと設置されているか確認しておきましょう。赤ちゃん連れだとトイレや授乳も場所が限られてしまいます。トラブルを最小限にするためにも、事前に施設状況や付近のお店など、急な事態にも対応できるように確認しておきましょう。

赤ちゃん連れの家族旅行はどうしても赤ちゃん中心になってしまいますが、ベビールームを設置していて、大人や大きい子どもでも楽しめる施設は年々増えてきています。お店のホームページを確認しても詳細が無い場合は手間でも一度お店に電話して確認しておけばより安心して家族旅行を楽しむことができますよ。

赤ちゃん連れの家族旅行に必要な持ち物は?

Free photo: Ducks, Toys, Baby Bottle, Diapers - Free Image on Pixabay - 1426010 (64027)

赤ちゃん連れで家族旅行をする場合、これだけは忘れないでほしい持ち物をご紹介します。赤ちゃん連れだと荷物もかさばってしまいますが、これらを忘れると楽しい家族旅行も赤ちゃん用品を買うためにプランを変更して買い出しに行かなければいけないハメになってしまいます。旅行先での購入や準備が難しいものもあるので、忘れずに持っていくようにしましょう。

母子手帳&保険証

赤ちゃんは慣れない場所だと体調を壊しやすいため、旅行先で急に体調が悪くなることも考えられます。その際に母子手帳や保険証があればとても便利です。これらは旅行以外の場面でもとても重宝しますから、出かける際はカバンに入れておくなどして常に持ち歩くようにしましょう。

タオル類は多めに

41 件