カシミアストールはオトナ女子の必須アイテム!正しいお手入れ方法とおしゃれな巻き方10選♡ (page 2)

肌寒くなってくる季節は、ストールなどのファッション小物が活躍しますよね。なかでも肌触りがよく、温かいカシミアストールは、大変人気のアイテムです。オトナ女子だからこそ、上質なカシミアストールでおしゃれをしたい♡そこで今回は、カシミアストールの正しいお手入れ法と巻き方についてご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2018/07/30 公開 | 92 view

カシミアストールはオトナ女子の必須アイテム!正しいお手入れ方法とおしゃれな巻き方10選♡

◆水に弱い

カシミアの素材は、水に弱いというデメリットがありますのでお手入れには十分注意しなければなりません。汚れてしまったからと言って、安易に自宅の洗濯機で洗ってしまうと、縮んでしまったり、水ジミが出来てしまう恐れがあります。

洗濯機で洗えないからと手洗いしても、ゴシゴシと揉み洗いしたり、強い摩擦を加えてしまうのは素材の風合いを台無しにしてしまうことになりかねません。

可能であればクリーニングに出すなど、適切なお手入れ方法でお洗濯しましょう。ちなみに、水に弱い性質がありますので、雨の日の着用も避けたいところですね。

◆毛玉ができやすい

カシミアニットを着られている方ならご存知ですが、カシミアは毛玉ができやすい素材です。ストールも同様で、繊維同士が摩擦することで、毛玉が出来てしまいます。

毛玉が出来てしまうと、せっかくのなめらかな手触りが半減してしまいますよね。そのため、日ごろのお手入れが重要となってくるのです。こまめにブラッシングをするだけでなく、毎日の着用を避け、適度に休ませながら着用することが長持ちの秘訣ですよ!

◆長期間の保管が難しい

どの繊維も同様ですが、紫外線に当たると、色焼け・黄ばみなど変色する可能性があります。そのため、長期間保管する際は、保管場所に日光や蛍光灯の光が当たり続けることのないように注意しましょう。

また、長期間保管する際は、虫食いにも注意が必要です!カシミアは、ケラチンというたんぱく質から出来ていますので、虫に食われてしまう恐れがあるのです。保管の際は、あらかじめ掃除をして食べかすやホコリなどがないようにキレイにしておきましょう。

さらに防虫剤などを置いて、虫食い対策をすることも有効です。

カシミアストールの正しいお手入れ方法とは?

Laundry Washing Machines Housewife · Free photo on Pixabay (123538)

お気に入りのカシミアストールを大切に使うためには、正しいお手入れ方法を知っておくことが大切です。お洗濯や長期保管などの詳しいお手入れ方法についてご紹介します。

◆洗濯する際の注意点

基本的には、カシミア100%のストールの場合、自宅洗濯よりもクリーニングに出す方が品質を損なわずに済むのですが、時間の都合上、ホームクリーニングで済ませたいという方は、以下の点に注意してお洗濯してください。

①あらかじめ洗濯表示を確認する
②ホームクリーニング用の洗剤を用意する
③手洗いの場合は30℃以下の水で優しく押し洗いする
④干す際は室内で陰干しする
⑤洗濯機で洗う際は必ずネットに入れて色落ちに注意する

◆日々のお手入れ方法

先にも述べたように、毛玉ができやすいのがカシミアストールのデメリットです。普段からお手入れをこまめにし、可能な限り長く愛用できるようにしましょう。日々のお手入れ方法は以下のとおりです。

①毎日着用せず、時には休ませる
②着用後はブラッシングをして毛並みを整えておく
③水に濡れたらすぐにふき取り、完全に乾かす
④毛玉はハサミでカットする

◆長期保管の注意点

季節の変わり目など、長期間使用しないときは、以下の保管方法に注意しましょう。正しい保管方法を怠っていると、虫食いやカビ、日焼けなどの原因となりますよ!

①保管前にはストールをきれいにブラッシングし、ホコリやゴミは取り除く
②日陰干しをしてしっかり乾燥させる
③虫食い対策に防虫剤を使う
77 件