【2018年】春のお彼岸はいつ?意味は?なにをするの?今更聞けないアレコレ徹底解説!

寒い日が続きますが暦の上では春はもう間近。2018年今年の春のお彼岸もすぐそこです。春のお彼岸がいつなのか、お彼岸の意味や過ごし方など、本当はどうしたらいいのかわからないこともありますよね。そんな春のお彼岸について徹底解説します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2018/02/01 公開 | 315 view

【2018年】春のお彼岸はいつ?意味は?なにをするの?今更聞けないアレコレ徹底解説!

【2018年】春のお彼岸はいつ?

 (106225)

2018年、新しい一年がはじまりすでに1ヶ月が経とうとしています。1月は行く、2月は逃げる、3月は去るというほどあっという間に過ぎていきます。そう、春のお彼岸もすぐにやってきます。

2018年の春のお彼岸は【3月18日から3月24日】となります。3月18日が彼岸入りで、3月24日が彼岸明けとなります。彼岸中日である3月21日は春分の日に当たります。春分の日を挟んだ1週間ほどが春のお彼岸の期間ということになります。

ちなみに2019年の春分の日は3月21日なので、2018年と同じ3月18日から3月24日が春のお彼岸となります。

春分の日の前後に3日加えると春のお彼岸の期間がわかるので、覚えやすいかもしれません。

春のお彼岸の意味

 (106227)

お彼岸はもともと、仏教用語なのだそうです。煩悩にあふれた現世(此岸・しがん)を離れ、修行を積み、悟りの境地(彼の岸)に達するという意味があるのだそうです。

現代日本では、もともとの意味とは少し違って、寺院などでお彼岸の期間に行われる法要や先祖供養という意味合いが一般的ですね。

春のお彼岸は【自然を讃え、生物をいつくしむ】という意味があるそうです。春のお彼岸の中日の春分の日の意味に由来します。
自然に対する感謝やご先祖さまへの感謝をお伝えするという意味でしょうね。

このような風習は日本独自のもので、日本以外の仏教国では見られないものなのだそうです。

春のお彼岸にはなにするの?

 (106229)

春のお彼岸というと、どんなことをするのでしょうか。
一般的なお彼岸にすることといえば、お墓参りをしてご先祖さまに感謝を申し上げ、お供えをして祈りをささげるというのがお彼岸にすることといえるでしょう。

春のお彼岸は先にお話しした通り、自然を讃えて生物をいつくしむという意味があります。その意味についても意識をしてお参りやお祈りをしてみるのもいいかもしれません。

では、春のお彼岸はどのように過ごすのか具体的にみてみます。

春のお彼岸の過ごし方

 (106230)

お彼岸の過ごし方としてそれほど特別なものはありません。

*お仏壇のある家は、お仏壇を普段以上に掃除を丁寧に行ってお供えや新しいお花を飾って手を合わせる。
*お墓参りをし、お墓の掃除とお線香やお花をお供えして手を合わせる

普段の先祖供養と変わりませんね。お彼岸だからということで意識するとしたら、春のお彼岸の意味を心にとめて感謝をお伝えするという点があるかもしれません。

理想なのは、家族が揃ってお参りやお供えができることでしょう。しかし、そうもいかないのが現代です。『春のお彼岸だなぁ』『お参りできないけど感謝しています』と意識を向けることでも伝わるものではないかと思います。

春のお彼岸のお供え

 (106232)

春のお彼岸にお供えするものを確認しておきましょう。

一般的に知られているのは【ぼたもち】ですね。地域によっては【彼岸団子】といってお団子をお供えするところもあります。また【霊供膳(れいくぜん)】というお膳をお供えする場合もあります。

地域や宗派によってお供えをするものしないものが変わってきますので、お住いの地域や宗派ではどのようなお供えをするのか確認しておく必要があるでしょう。
年長の親族や関わりの深い寺院などで聞くと、教えてくれるのではないでしょうか。

お花もお供えしますが、お花の種類に決まりはありません。香りの強いものや棘があるもの、毒のあるものは仏花には向いていないとされますので、避けた方が無難です。
とはいえ、決まり事は特にありませんから、季節のお花や故人の好きなお花を用意してお供えするといいでしょう。
故人の好みでバラをお供えしたいという場合は、棘を取ってしまってからお供えするといいとされているようです。

33 件

関連する記事