【実録】出産祝いに貰って困ったもの!~値段の相場のギモンを徹底解消!~sakiママの場合

出産祝いで貰って意外と困るものって結構あるんです!私sakiママが困ったものは、先輩ママの「これ便利だから~!」というあるベビーグッズ…一見ありがたいお祝いのように感じますがこれが意外と困りました。今回は、そんな私が出産祝いに貰って困ったものと、悩みがちな出産祝いの値段の相場についてご紹介していきたいと思います!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2018/01/26 公開 | 131 view

【実録】出産祝いに貰って困ったもの!~値段の相場のギモンを徹底解消!~sakiママの場合

実録!出産祝いで貰って困ったもの!〈sakiママの場合〉

 (103308)

皆さんこんにちは!リレー記事『出産祝いで困ったもの』。今回は私「sakiママ」が実際に貰って困った、ある意外なものをご紹介していきたいと思います!

私が出産祝いで貰って困ったもの、それは『ベビーバス』でした。初産だった私は、何が必要で何がいらないかなどということが全く分からず、先輩ママによく相談していました。そんな私に、先輩ママは自分の経験から色々な事を教えてくれたのです。

中でもその先輩ママが力説していたのが、ベビーバスの話。空気を入れて膨らませるタイプのものや、ずり落ち防止の支え棒が付いたものなど色々あるという事を聞き、私も分からないなりに調べ、我が家のお風呂場の大きさなどから、コンパクトな空気で膨らませるタイプのものを購入したのです。

その後無事に出産し、赤ちゃんとの生活が始まり2週間が過ぎたころ、先輩ママが出産祝いを持って訪ねてきてくれたのです。しかしその出産祝いに驚愕…!なんと自分が使って便利だったおススメのベビーバスだったのです。

しかもただのベビーバスではなく、見るからに大きくて扱いづらそうなもので、我が家のお風呂場には不向きな大きさ…しかももうすでに使っているベビーバスもあるのに…

「これ大きくて使いやすいから使ってみて!」と自信満々に言う先輩ママ。困ってしまう気持ち反面、私のことを考えてくれたんだというありがたさもあり、複雑な気持ちで愛のある出産祝いを受け取ったのです。

その日の夜、我が家のお風呂場は異なる二つのベビーバスで埋め尽くされていました。

私はこの時、『出産祝いにベビーバスは贈らないようにしよう…!』と心に決めたのでした。ベビーグッズを出産祝いで贈る際には、相手が本当に必要としているか、需要はあるかを考えて贈るようにすると、心から喜んでもらえると思います。先輩ママだからこそ気付ける配慮も大切ですよ☆

出産祝いで悩む値段!『いくら位?』のギモンを解消☆

 (103313)

出産祝いで悩むポイントは贈る物だけではありません!値段はいくら位のものがいいのかも迷うところですよね。『でも出産祝いって気持ちだから、いくらだっていいんじゃないの?』と感じますが、実は出産祝いには暗黙のルールのようなものがあり、大体の値段が決まっているのです!

そのルールを無視してしまうと、相手を困らせてしまったり、恥をかいてしまう恐れも…そこでここからは、出産祝いの値段の相場を分かりやすご紹介していきたいと思います☆しっかりと出産祝いの値段の相場をチェックし、恥ずかしくない出産祝いを贈りましょう。

関係別に見た出産祝いの値段の相場はコレ!

 (103326)

出産祝いの値段の相場は、自分と贈る側の関係性で大きく分けられます。関係が近いか遠いかで考えると、大体の値段が見えてくると思います。下記に関係別のおおよその値段をまとめました。

・兄弟、姉妹:10,000円~3万円
・祖父、祖母:5,000円~1万円
・親戚:5,000円~1万円
・会社関係、同僚:3,000円~5,000円
・友人、ママ友:3,000円~5,000円

自分との関係性が近い方が値段が高く、遠くなっていくにつれて低くなっていることが分かりますね。ちなみに、ここでは『両親』の項目を書いていませんが、両親からは出産祝いというよりは、新しい生活の援助として捉える場合が多いので、相場はあまりありません。

私の場合、ベビーカーやベビーベッド、チャイルドシートなど値が張るものを用意してもらったり、フォトスタジオでのアルバム代を出産祝いとして頂きました。

年代によっても値段の相場が違ってくる?

 (103330)

出産祝いの値段の相場は、贈る側の年齢によっても違ってくる場合があります。

・20代~30代:5,000円位
・40代以上:10,000円位

いくら関係性が近いからとはいっても、若い年齢の方が高価なお祝いを贈るのが難しい場合もありますよね。例えば贈る側が学生だった場合は、兄弟だからと言って30,000円程のものを贈るのではなく、5,000円程度でも良いと思います。お祝いしたいという気持ちが大切なんですから!

逆に、年齢が高くなると比例して出産祝いの値段も高くなっていくようです。経済的に豊かというだけではなく、人生を長く経験し精神的な豊かさがあるという意味からも、出産祝いの相場は高くなっているのだと思います。

ここは注意!贈る側が気を付けたい3つのコト

 (103350)

お祝いしたいという気持ちはとても素晴らしいことです!でも注意しないと返って相手を困らせてしまったり不快な思いをさせてしまうことも…ここではそんな出産祝いで贈る側が気を付けてほしい3つのことをご紹介します。
30 件