妊娠中の食事で子供の性格が決まるってホント?気を付けたい妊娠中の食生活について徹底解説! (page 3)

妊娠中の食事で、お腹の中の子供の性格が決まるという話を聞いたことがありますか?ママの食べたものの栄養がそのまま赤ちゃんに届く時期なので、妊娠中の食生活はとても重要ですよね。ではどのような食事をし、どんなことに気を付けたらよいのでしょうか。今回は、そんな妊娠中の食事が胎児に与える影響について詳しくご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/10/16 公開 | 1321 view

妊娠中の食事で子供の性格が決まるってホント?気を付けたい妊娠中の食生活について徹底解説!
妊娠中のストレスも、胎児に与える影響は多大なものとなります。それは、早産や未熟児になるだけでなく、子供が将来うつ病になるリスクが高まるとも言われているんです。

妊娠中は、つわりなどの不快感だけでなく、食べ物や行動にも多少の制限がかかるので、ストレスや不安に晒されてしまいがちですが、産後、赤ちゃんとの楽しい生活を思い浮かべながら、なるべく穏やかな気持ちで過ごすことが大切なのです。

4. 飲酒・喫煙はキッパリやめる

少しなら大丈夫!なんて言う人もいますが、妊娠中のお酒やタバコは、母体にも胎児にも悪影響でしかありません。
妊娠前にタバコを吸ったりお酒を飲んだりする習慣のある人は、妊娠中、授乳中はやめるように心がけましょう。

また、旦那さんなど家庭内でタバコを吸っている人がいる場合の副流煙を吸うことも良くありません。吸う場所をわきまえてもらうなど、協力して貰うことが肝心です。

まとめ

Free photo: Potato, Mama, Princess - Free Image on Pixabay - 2517235 (90636)

いかがでしたか?妊娠中の食事が、いかに子供の成長に影響を与えるかがお分かりいただけたかと思います。どの親も、子供に幸せになって欲しい・正しい道に進んでほしいという思いは同じですよね。実際に赤ちゃんが生まれ出ていなくても、妊娠中から子育てはスタートしています。赤ちゃんの身体と心に良い食事をし、いつも心を穏やかに過ごすことが大切なのです。

これから妊娠予定の方や妊娠中のママさんも遅くはありません。これを機に、偏った食事から栄養バランスの取れた食事に変えてみてはいかがでしょうか。妊娠中は、つわりなどで食べられないこともありますので、無理せず出来る範囲で食生活を見直してみて下さいね。
39 件