知らなきゃ損する!?今どき学資保険事情を徹底解析します!

「どこの学資保険に加入しようかな」と考えている方も多いのではないでしょうか?「そもそも学資保険って何…!?今さら誰にも聞けない!」と心で呟いている方もいるっしゃるはず…学資保険とは簡単にいうと、子どもの将来の学費のために、一定の金額を積み立てて満期になると受け取ることが出来る保険のことをいいます。学費保険について1から知りたい方も、そうでない方もお子さんにとって1番良い方法を考えてみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2016/12/27 公開 | 228 view

知らなきゃ損する!?今どき学資保険事情を徹底解析します!

学資保険とは

Free illustration: School, Back To School, Schulbeginn - Free Image on Pixabay - 1665535 (12744)

子どもの将来の学費のために、一定の金額を積み立てて、満期になると受けとることが出来る保険のことをいいます。

万が一、契約者が死亡しても、それ以降の保険料は免除され契約した学資金等は受け取ることが出来る仕組みとなっています。

お子さんが大学入学するまでに300万円を貯めておきたいのが理想です。
なぜ300万円なのか?
国公立大学なら4年間の全額を、私立大なら入学金と初めの2年間の学費を賄えるからです。
300万円って大金ですよね。
そのお金を学資保険に加入することにより、賢く貯めていく方法があります。

加入するきっかけは?

Free illustration: Question Mark, Why, Question - Free Image on Pixabay - 1829459 (12981)

妊娠・出産をきっかけに学資保険の加入を意識する方が圧倒的に多いことでしょう。

加入に至った経緯はご家庭によって様々かと思います。

・自分では教育資金を貯める自信がないので学資保険に入れてしまおう。
・周りが学資保険に加入している人が多いので、我が家も加入しよう。
・おじいちゃんおばあちゃんが孫のために加入を申し出てくれた等が挙げられます。

しかし、学資保険に加入しなくても、自力で貯める自信がある!という方は無理に加入しなくても良いと思います。

ただ返戻率(支払った保険料に対し、多くの学資金が受け取れるというもの)があり、多くのお金が手に入ることもあります。

学資保険に加入する予定がない方も、どんな学資保険があるのか頭に入れておくのも良いでしょう。

学資保険に入る余裕がない

Free illustration: Social, Social Networks - Free Image on Pixabay - 1206612 (13544)

学資保険に加入するお金の余裕のないご家庭も少なくないことでしょう。

児童手当はご存じですか?
児童手当は、子育ての経済負担を軽くなるよう、中学卒業までに子どもに支給される手当のことをいいます。

0才~3才未満は月に1万5千円、そして3才~15才までは月1万円支給されます。

(児童手当をもらうには、所得制限があり、所得制限を超えると年齢にかかわらず月5000円になります)

この児童手当は、合わせると1人200万円前後の金額を支給されることになるのです。

この児童手当の使い道としては…

・手当に手をつけず教育貯蓄する方

・手当を学資保険に入れている方

・手当を生活する上で子どもにかかる費用にあてている方

等いらっしゃいます。

では、上記に述べたように児童手当を貯蓄に入れていない方は、学資保険に加入するには金銭的に厳しいですよね。

ですが、そういったご家庭ほど、強制的に学資保険等に加入しないと教育費の貯蓄に手をつけられないまま子どもが大学等でお金がかかる際に困ることが多いのだそうです。

金銭的に厳しい状況下で強制的に学資保険等の加入はかなり辛いものがありますよね。

返戻率が高い保険や何才まで保険料を払わなければいけないか等を調べて、今一度、お子さんの今後の教育費に関して考えてみてはいかがでしょうか。


では、ここで実際にどの学資保険が人気があるのかランキング形式でご紹介していきます。

学資保険ランキング

Free illustration: Medal, Bronze, Award, Championship - Free Image on Pixabay - 1622549 (12830)

1位 明治安田生命

2位 フコク生命 みらいのつばさS(ステップ)型

34 件