妊娠検査薬で陽性反応が出た!慌てず確認したい次にするべき行動とは

妊娠を望まれる方、生理が遅れている方にとって、妊娠かも・・・?と思ったらまず、妊娠検査薬を使うのではないでしょうか?薬局などで手に入る妊娠検査薬は今では簡単で判定結果も正確になっています。妊娠検査薬で陽性反応が出た時にすることをここで紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2016/11/11 公開 | 474 view

妊娠検査薬で陽性反応が出た!慌てず確認したい次にするべき行動とは

陽性反応が出たら本当に妊娠しているの?

Free illustration: Pregnant Woman, Happiness - Free Image on Pixabay - 1741636 (1811)

妊娠検査薬を使用し、陽性反応が出たら・・・
御懐妊おめでとうございます!!・・・

とは、手放しで喜べないのです。

なぜなら、陽性反応が出ていても実は妊娠していないことがあるのです!
でも、妊娠検査薬には判定の正確さは99%以上と書かれているものもあります。
では、どういうことなのか?

実は、陽性反応が出ても、正常な妊娠成立でないことがあるのです。

正常な妊娠成立とは受精卵が子宮内に着床することです。

場合によっては、受精卵が子宮以外に着床することもあるのです。

これを子宮外妊娠と言います。
この子宮外妊娠は、自然妊娠の1〜2%の確率で起こると言われています。
実は、正常な妊娠成立でない子宮外妊娠でも妊娠検査薬で陽性反応が出るのです。

妊娠検査薬を使うタイミングっていつ?

 (1990)

妊娠検査薬で検査できるのは時期が決まっています。
日本で販売されている妊娠検査薬はほとんどが生理予定日1週間後から検査可能となっています。
それ以前に使用すると正しい判定が出ない可能性があり、本当は妊娠しているのに陰性になったりしてしまうこともあるのです。
妊娠を望まれている方にとっては、妊娠しているのか、早く知りたいと思いますが、慌てず説明書通りの使用のタイミングに従いましょう。

なぜ、妊娠検査薬で妊娠がわかるの?

Free vector graphic: Pregnancy, Woman, Profile - Free Image on Pixabay - 31113 (1815)

妊娠すると、赤ちゃんを育てるためのホルモン、hCGというのが作られ始めます。
このホルモンが作られるのは生理予定日ごろからです。
そして、このホルモンはだんだんと量が増え始め生理予定日の1週間後にはかなりの量が作られます。
そして、尿にもこのホルモンが排出されるようになるのです。

だから、生理予定日1週間ごろから妊娠検査薬は正しく判定できるという仕組みになっています。

子宮外妊娠ってどういうこと?

 (1994)

子宮外妊娠とは正確には「異所性妊娠」と言います。

正常な妊娠は受精卵が子宮で着床します。
しかし、何らかの原因で子宮以外、特に多いのが卵管で着床してしまうケースです。

卵管で着床してしまった場合の症状として多いのは下腹部痛です。
しかし、痛みの強さも様々です。
また、出血が起こることもありますが、痛みも出血も生理と似ている場合があるため生理と間違えてしまうケースがあります。

しかし、そのまま放っておくと受精卵は大きく成長し最悪卵管破裂を起こし、お腹の中で大出血し命の関わることもあるのです。

また、子宮外妊娠で出来た赤ちゃんは残念ながら諦めるしかありません。
赤ちゃんは子宮でしか育たなので、無事に産まれることが出来ないのです。

まとめ

20 件