カフェインレスコーヒーなら妊娠中や授乳中ママも楽しめる♡オススメコーヒーでリラックス

近年、カフェインレスコーヒーに人気が集まり、取り扱っているカフェや商品も続々と増えています。カフェインをあまり摂取できないと言われている妊娠中や授乳中のママにとっては大変うれしいことですよね。カフェインレスコーヒー(デカフェコーヒー)の魅力についてまとめてみました!オススメのお店や商品などと合わせてたっぷりと紹介します♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/11/05 公開 | 215 view

カフェインレスコーヒーなら妊娠中や授乳中ママも楽しめる♡オススメコーヒーでリラックス

妊娠中や授乳中のママにオススメ!カフェインレスコーヒーとは?

 (94579)

妊娠中や授乳中のママは、赤ちゃんのためにカフェインの摂取を極力控えた方が良いと言われています。量にすると妊娠中であれば100mgほど。これはコーヒー約1杯分のカフェイン量ですので、一日1杯くらいのコーヒーであれば赤ちゃんにほとんど影響はありません。授乳中の場合だと、摂取したカフェインの約1%ほどが母乳を通じて赤ちゃんの体に入っていくと言われています。

カフェインも少しくらいなら大丈夫ですが、1日3杯、4杯…とたくさん飲んでいた人にとっては、赤ちゃんのためとはいえコーヒーの量を減らして我慢するのは辛いですよね。妊娠中や授乳中でもコーヒーを飲んでリラックスタイムを楽しみたい、そんなママに、通常のコーヒーからカフェインを取り除く処理をしている『カフェインレスコーヒー』がオススメです。

カフェイン量が少ないコーヒー

通常のコーヒーよりもカフェイン量がかなり少ないコーヒーのことです。特別な抽出方法でカフェインを抜いており、妊娠中や授乳中でもカフェインを気にせずにコーヒーを楽しむことができます。

どうやってカフェインを抜いているの?

カフェインを抜く方法には

①水を使う方法
②二酸化炭素を使う方法
③薬品を使う方法

の3種類があります。

体に影響はない!?

体への影響を心配しなければいけないのが③の方法でカフェインを抜いているコーヒーです。現在日本で扱われるカフェインレスコーヒーでは、③の方法は行われていないし出回ることもほとんどありませんので、体への影響はまず心配することはありません。不安であれば、商品にカフェインの抽出方法が記載されているものもありますので確認してみましょう。

一方、海外では③の方法を使っている国も多くあるようです

妊娠・授乳期以外にも

カフェインレスコーヒーはカフェイン量が少ないので、カフェインで体調を崩すという方や、寝る前にもコーヒーを楽しみたい方、カフェインによる胃痛やイライラ、頭痛に悩まされているという方にもおすすめです。

『カフェインレス』『デカフェ』『ノンカフェイン』コーヒーの違いは何?

 (94580)

カフェインレスコーヒーの他にも、デカフェ(ディカフェ)コーヒー、ノンカフェインコーヒーという商品があるのはご存知ですか?

<カフェインレスコーヒー>
…『カフェイン』を『レス』(無い)しているコーヒー。カフェイン量は完全に0ではなく、ごく少量のカフェインが含まれています。

<デカフェコーヒー>
…カフェインを含んでいたコーヒー豆からカフェインを『de』(抜く)コーヒー。カフェインレスコーヒーと同じく、極力カフェイン量は少ない量となっています。

<カフェインゼロコーヒ>
…元々、まったくカフェインが含まれていないコーヒーのこと。たんぽぽコーヒーなどが挙げられます。

淹れたてカフェインレスコーヒーがお店で飲める!

80 件