赤ちゃんほっこり♡沐浴のすすめ!知っておきたいアレコレ総まとめ【動画解説あり】

赤ちゃんが生まれてからのお世話で大きく占めているのが授乳・おむつ替えに加えて【沐浴】です。赤ちゃんを清潔にしてあげることとリラックスのための重要なお世話です。沐浴のやり方から着替えやケアまでまとめてみましたので、しっかりおさらいしておきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2018/01/09 公開 | 74 view

赤ちゃんほっこり♡沐浴のすすめ!知っておきたいアレコレ総まとめ【動画解説あり】

沐浴で赤ちゃんもリラックス!?

 (101477)

赤ちゃんが生まれてたくさんのお世話がある中で、重要な位置を占めているのが沐浴です。
赤ちゃんにとっても気持ちいい瞬間ともなるでしょう。

沐浴のやり方や着替えなど、しっかりと手順を覚えて挑むことで、赤ちゃんに不安な思いや怖い思いもさせずにリラックスしてもらえる時間になるのではないでしょうか。

そこで、赤ちゃんを沐浴させてあげる方法など改めてまとめてみます。
ママやパパ、赤ちゃんにとってつらい時間とならないように準備をしっかりして、やり方を確認しておきましょう。

赤ちゃんを沐浴させる理由

 (101478)

生まれたばかりの赤ちゃんは、とてもデリケートです。抵抗力も弱く、おへそも乾燥しきっていない状態です。
大人の同じお風呂では細菌が心配です。抵抗力が弱く、じゅくじゅくのおへそから細菌に感染してしまう可能性もあります。

そのようなことを避けるために、ベビーバスなどにキレイな新しいお湯をはって沐浴してあげるというのが理由といわれています。

キレイで清潔というのが保たれることで、赤ちゃんを守ろうというわけですね。

赤ちゃんの沐浴に必要なもの

 (101479)

赤ちゃんの沐浴する際に準備しておくものはそれほど多くはありません。必要最低限のものがあれば沐浴してあげることができます。必要度を星の数でご紹介してみます。

必要度★★★

*ベビーバス
大きくゆったりしたものもありますが、キッチンや洗面所のシンクに設置できるタイプのものが便利です。腰の高さの場所に設置できればママやパパが沐浴で腰を痛める心配がありません。
素材はママやパパの好みで構いませんが、排水機能の付いたものだとなお便利ですね。
シンクに栓をして直接沐浴も可能ですが、衛生面を考えるとベビーバスを使用する方がより安心でしょう。

*沐浴用ガーゼ
赤ちゃんのカラダを洗ったり、カラダにかけてあげたりとガーゼが大活躍します。

*せっけんなど
赤ちゃんのカラダを洗う際のせっけんやシャンプーなど、赤ちゃんの肌質にあわせて用意してあげる必要があります。できるだけ肌への刺激が少ないものを選びましょう。

必要度★★

*洗面器
上がり湯をかけてあげたり、ガーゼを洗ったりするのに必要になるので用意したいもの。それまで使用していたものでも構いませんが、使用するスペースが狭い場合など少し小さ目のものを用意しておくと便利です。

*沐浴布
大判で薄手のガーゼで赤ちゃんのカラダにかけておいてあげるのに便利なのものです。ただ、通常のガーゼだけかけてあげるだけでも大丈夫な場合も多いので必ず必要とは限りません。

必要度★

*沐浴剤
お湯に溶かして使用して、せっけんも必要なくすすぎもいらないという便利なものです。肌質によっては合わない場合もありますし、必ず使わなければならないものでもありません。香りの好みもありますし、ママとパパ、生まれた赤ちゃんの肌と相談して判断するといいでしょう。

*ベビーバス用ネット
ベビーバスに設置して赤ちゃんのカラダを支えるハンモックのようなネットです。赤ちゃんを落としてしまう心配がなく、沐浴をするママやパパの負担を軽減することができます。
しかし、必ずしも設置したほうがよいものでもないので、必要度としては低いものです。
46 件