家計のやりくりにレシート活用のコツ!家計簿が苦手でも平気♪支出管理から始めよう☆

家計のやりくりに家計簿をつけた方がいいってわかっていても、どうも苦手で続かないからどうしよう?と思っている方は少なくないはず。家計簿が苦手でもできるレシートで支出管理してみませんか?家計のやりくりが少しは楽になるかも。レシートの活用術をご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/10/26 公開 | 342 view

家計のやりくりにレシート活用のコツ!家計簿が苦手でも平気♪支出管理から始めよう☆

家計のやりくりといえば家計簿?

 (92958)

家計を管理といえば、家計簿が定番ですよね。『よし!家計簿つけるぞ!』と意気込んでみても、続かないしなかなか難しいと感じている方も少なくないのではないでしょうか。

例にもれず、わたしもそんな『家計簿が続かない主婦』のひとりです。自慢できることではありませんが、ズボラな性格が災いしてか家計簿をつけることが苦手です。
どんぶり勘定、だいたいで家計の管理をしているので、頭を悩ますこともあります。

どうにか家計のやりくりを楽にして、支出の管理だけでもしっかりできればいいのにと考えるに至りました。
そこで、レシートを利用して支出管理をする方法を調べてみましたのでご紹介したいと思います。

家計やりくりの方法にレシートがいい?

 (92959)

家計のやりくりをする上で、家計簿のかわりになにをするのがいいのか考えたとき、とても身近にある【レシート】の存在がありました。
レシートを使って家計簿のようなことをするという方法は、著書も出ていますし、案外たくさんあるんですね。

よくあるのが『レシートを貼るだけ!』というものです。そこから項目ごとに計算して記入するというやり方ですかね。
わたしも挑戦したことがあります。実際、レシートを家計簿にという著書を利用しましたが、いまいち使い方に慣れずに挫折してしまった記憶があります。

この記事【家計のやりくりにレシート活用する方法】としておすすめしたいのが、【家計簿のようにたくさんの項目を作るでもなく、支出がどれくらいあって、無駄がどれくらいあるのか見える化すること】なんです。

収入と支出のバランスを確認して、支出を管理することで家計の見直しができるのではということです。
レシートはなにかを購入したときに発行されるものですから、支出がはっきり記載されているということになります。
それを見れば、一目瞭然ということなんですよね。

家計のやりくり◇レシート活用術➀必要なもの

 (92962)

家計のやりくりにレシートを活用するために必要なものは

*レシート(クレジット支払いのものも含む)
*ノート
*筆記具・蛍光マーカー
*のり

用意するものはこれだけです。レシートは必須です。ノートはルーズリーフでも大丈夫です。その場合バインダーが必要ですね。無地のノートでも使えます。要はなんでもいいんです。

合計金額のメモや簡単な仕分けなどに筆記具や蛍光マーカーがあればいいです。レシートを貼りつけるのでのりもひつようですね。

とりあえず、必要かなというものなので、適当に考えましょう。なにせ、家計の管理ですから管理している人間が理解できていれば問題なしです。あとで家族に説明したいということであれば、家族が理解できる程度でといった気楽な気持ちでやりましょう。

適当に気楽に構えていいないと、家計簿と同じく続かなくなってしまう可能性が出てきます。

家計のやりくり◇レシート活用術②レシートもらう

 (92965)

家計のやりくりにレシートを活用するなら、清算の際に必ずレシートを受け取りましょう。うっかり忘れてしまうと、どうにもなりません。

レシートをもらう習慣がなかった場合は、まずレシートは必ずもらうというように意識を変えていきましょう。

クレジットカードで支払いをしたときも同じです。クレジットカードでの支払いの際は、クレジットカードの明細とレシート2枚渡されることもあれば、明細とレシートが一体になって1枚渡される場合があります。
明細とレシートどっちか捨てると考えてしまうと、面倒なのでとりあえずどちらももらって持帰りましょう。

何度もいいますが【レシートは必ずもらう】これです。

家計のやりくり◇レシート活用術③1日1回貼る

 (92966)

レシートをもらってきたら、1日の終わりにお財布から出して確認です。

ノートに1日ごとに、その日もらってきたレシートを貼ります。1日分であることがわかればいいので、貼り方は自由で大丈夫です。
1枚ずつべったり貼りつけると、スペースがもったいないのでレシートの上部を貼り、めくって見られるようにするといいかもしれません。
貼りつけたところにその日の日付を入れてわかりやすくしておきましょう。

面倒かもしれませんが、1日の終わりにレシートを貼るというのが習慣づけられるといいですね。
そうすれば、お財布の中にレシートが貯まっていくということはないので安心です。

もちろん、なにも買ってない日にはレシートはありません。その日は貼らないし、無駄遣いもない日ということになります。
30 件