貧血予防におすすめの食べ物は?含有量の多い食品を把握してこれで貧血対策しよう!

貧血の予防対策におすすめの食べ物や予防レシピで毎日おいしく貧血予防しませんか?貧血は放っておくと気を失うほどの事態になることもあるので、意識して鉄分を摂取することが大切です。鉄分には吸収率の良いヘム鉄と吸収率の悪い非ヘム鉄があります。貧血予防におすすめの食べ物を把握して貧血対策をしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2018/05/30 公開 | 78 view

貧血予防におすすめの食べ物は?含有量の多い食品を把握してこれで貧血対策しよう!

そもそも貧血ってどういった症状?

Japanese Male Businessman · Free image on Pixabay (118743)

よくめまいや立ち眩みがあると「貧血だな」と思う人もいると思いますが、そもそも貧血ってどういった症状なのか知っていますか?
貧血とは簡単に言ってしまえば血が足りないことですが、症状は顔の血の気が引いて黄色みを帯びたり、吐き気や立ち眩みなどがあります。また貧血がひどいと気を失ってしまう人もいますね。
でも血が足りないといっても、実際には血液中の赤血球やヘモグロビンが少なくなり、一定以下になった状態のことを貧血といいます。赤血球は血液に乗って体の隅々まで酸素を運ぶ役割を持っていますが、これらが少なくなると酸欠状態になってしまうため、めまいや立ち眩み、吐き気などが引き起こされてしまうのです。
酸欠状態になるとさまざまな不調が引き起こされます。例えば脳が酸欠状態になればめまいや立ち眩みが、心臓が酸欠状態になれば息切れや動悸が、筋肉が酸欠状態になればだるさや疲れを感じやすくなる…と実に症状はさまざまです。
貧血になる原因は鉄分不足が挙げられますが、単に鉄分不足といっても不足する原因もまたさまざまなんですよ。

食べ物以外にも?!貧血になる原因とは

Vegetables Carrots Parsley · Free photo on Pixabay (118746)

鉄不足といえば、食事できちんと摂れていないのかなと思ってしまいますが、実は食べ物以外にも鉄不足になる原因はあるんですよ。普段何気なく過ごしている日常に、その原因が潜んでいるので原因を知っておくと予防対策もしやすくなりますよ。

必要摂取量不足

Carrot Kale Walnuts · Free photo on Pixabay (118749)

食事から必要な鉄分を摂取できていないと、体内で鉄不足によりヘモグロビンが生成できなくなるので鉄が欠乏してしまいます。これにより貧血が引き起こされます。
普段から野菜をあまり食べない、鉄分を意識したサプリを摂取していない場合には鉄不足になりやすいです。偏った食事や手軽な食事は鉄不足だけでなく、さまざまな栄養素不足を招くので改善するようにしましょう。

激しい運動

Marathon Ekiden Running · Free photo on Pixabay (118752)

運動と鉄ってあまり関係がないように思えますが、激しい運動をするとたくさん汗を流しますよね。実は汗を流すと、その汗の中に鉄分も交じって排出されてしまうので、鉄分を意識して摂っていても汗によって流されてしまうことがあります。
摂取量より運動量があまりにも多いと、鉄不足に陥って貧血の原因となります。普段からダイエットや健康のために運動をしている場合には、汗の流し方や鉄分の取り方を変える必要性も出てくるでしょう。

必要量の増加

Pregnant Mother Body · Free photo on Pixabay (118755)

例えば妊娠をすると胎児にも血液を送らなければいけなくなるので、たくさんの血や栄養素が必要になります。それなのに、今までと同じ食生活をしていては不足してしまうのも当然ですよね。
普段は平気だったのに、妊娠をしたときは貧血がひどくなった…という人はまさに必要量が増加して、今までの食生活での鉄分摂取量では補えなくなったのでしょう。妊娠に限らず、ホルモンバランスの乱れや体が成長する過程では鉄分の必要量が増えることがあるので、成長期の子供や妊娠中は特に鉄不足に注意した方が良いでしょう。
48 件