赤ちゃんの夏服&夏の肌着はどうやって選ぶ?おすすめアイテム8選と着せ方のポイントを伝授!

赤ちゃんの服選びは迷いますよね。体温調節の難しい赤ちゃんは、夏はすぐに汗をかいてしまうので、着替えもたくさん必要になります。また、オムツ替えも頻繁に行うので、着替えや脱ぎ着が楽チンなほうがママも助かりますよね。新生児から1歳までの赤ちゃんには、どんな夏服や肌着を選ぶと良いのでしょうか。選び方のポイントとおすすめアイテムをご紹介いたします。暑い夏にぴったりの着せ方とアイテムを選んで、赤ちゃんに快適に過ごしてもらいましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2019/05/06 公開 | 55 view

赤ちゃんの夏服&夏の肌着はどうやって選ぶ?おすすめアイテム8選と着せ方のポイントを伝授!

赤ちゃんの夏服&夏の肌着のおすすめ素材

 (148034)

肌に直接触れる服や肌着ですが、赤ちゃんは体温が高いため汗をかきやすいことも考慮して選ぶようにしましょう。汗をしっかり吸収しサラッと快適に過ごせるような素材選びがポイントです。

●おすすめ素材
・ガーゼ
通気性と吸湿性に優れた素材で赤ちゃん用のタオルでもよく使われています。
・天竺
薄くて軽い素材で吸湿性に優れています。
・フライス
ソフトな肌触りで柔らかく吸湿性にも優れています。

【月齢別】赤ちゃんの夏服&肌着の着せ方

 (148033)

●生後1〜3ヶ月

生後1〜3ヶ月の赤ちゃんが着るサイズは50〜60cmが一般的な目安となります。新生児はおむつを頻繁に交換するので、前開きの短肌着または長肌着にコンビ肌着を着せると良いでしょう。また、体温調節がまだ未熟なため服の枚数や肌着で調整し、赤ちゃんが暑がっていないか注意が必要です。

●生後4〜8ヶ月

生後4〜8ヶ月の赤ちゃんが着るサイズは60〜70cmが目安となります。個人差はありますが、赤ちゃんによっては寝ている時間よりも起きている時間の方が多くなっています。寝返りやおすわりなど、活発に動くようになる赤ちゃんもいます。そのため、動いてもお腹が出ないように長肌着にロンパース、暑すぎる日はロンパース一枚でも大丈夫です。

●生後9ヶ月以降

生後9ヶ月だと着るサイズは70〜80cmが目安となるでしょう。つかまり立ちや伝い歩きなど、どんどん活発になっていきます。おでかけをする機会も多くなり、外出での服装にも気をつけたいですよね。肌着にロンパース、ボディースーツに短パンまたはスカート、部屋の中では肌着一枚でも過ごせます。

また、赤ちゃんの個人差によって成長のスピードは様々です。赤ちゃんが暑がっていないか、動きづらそうにしていないか、見てあげるようにしましょう。

赤ちゃんの夏服おすすめ①肌着セット

●コンビ肌着 2枚セット ダブルガーゼ素材
ストレッチダブルガーゼという素材を使っていて、清涼感・通気性のあるガーゼに伸縮性をもたせたものです。暑くてもサラッと快適に着ることができます。また、股の部分のスナップボタンが2個になっているので、オムツ替えも楽にできます。
●chuckle ドット & レース 花柄 新生児肌着 6枚セット
着替える頻度が高い赤ちゃんに嬉しい、肌着の6点セットはいかがでしょうか。フライス綿100%で赤ちゃんを優しく包んでくれます。スナップのついたコンビ肌着と短肌着があれば、夏は服装調整が十分にできるでしょう。

赤ちゃんの夏服おすすめ②カバーオール

●ARAUS 夏 3点セット
40 件