チェックシャツのおしゃれなコーデ術をご紹介!柄の種類と特徴を知って自分に合った着こなしを!

チェックシャツは、柄や色、合わせるアイテムでカジュアルにもきれいめにも着こなせる万能アイテムですよね。1年通してコーデを楽しむ事が出来るチェックシャツ。今回は、ダサくならないおしゃれなコーデ術をご紹介します。さらに、チェックシャツの様々な「柄」にも注目!自分に合ったチェック柄を見つけてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/07/22 公開 | 1061 view

チェックシャツのおしゃれなコーデ術をご紹介!柄の種類と特徴を知って自分に合った着こなしを!

チェックシャツはコーデが自由自在!

Free photo: Scarf, Colors, Fabric, Range - Free Image on Pixabay - 1654444 (80470)

もはや、定番のファッションアイテムとなった「チェックシャツ」。チェックシャツと言っても、色や柄も様々で、合わせるアイテムによって、カジュアルにもきれいめにも着こなせる万能アイテムと言えます。着まわしやすいので、自分に合った1着を見つけて、チェックシャツのコーデを楽しみましょう。

チェック柄の種類と特徴

Free vector graphic: Greeting Card, Background - Free Image on Pixabay - 2245720 (80471)

「チェック」と言っても、様々な種類があるのはご存知でしょうか?ギンガムチェックやタータンチェックなど、チェック柄にもそれぞれ特徴があります。チェック柄が違うだけで、印象もかなり変わりますので、自分に合ったチェック柄を見つけてくださいね。

◆タータンチェック

 (80294)

タータンチェックとは、多色使いの格子柄のこと。もともとは、スコットランドの高原地方を中心に、氏族、民族を象徴するための装飾模様として使用されていました。当時は、地位や身分による制約もあり、戦場では敵と味方を見分けるのにも使われた模様なんだそうです。とても伝統のある柄なんですね。

1830年頃からは、ファッションとして多くの人々に愛されてきたタータンチェック。最近では、大人の女性らしい、落ち着いた雰囲気のコーデに使われています。タータンチェックのストールなんか、とても人気ですよね。

◆バッファローチェック

 (80307)

バッファローチェックとは、主に赤と黒を使用したシンプルで大柄な格子柄のことです。 イメージ的には、カジュアルでクールな印象ので強い柄。最近は、冬に着る厚手の起毛シャツや、ジャケット等のアウターに用いられる事が多いですね。
赤と黒の組み合わせなのですが、落ち着いた赤を使用していることが多いため、大人の女性もおしゃれに着こなすことができますよ。

◆ギンガムチェック

ファッションコーディネート - WEAR (80296)

ギンガムチェックとは、白と別の色との2色で構成された格子柄のことです。 17世紀のヨーロッパに初めてもたらされた時は、ストライプ柄の生地でしたが、18世紀中頃、イギリスにあるマンチェスターの工場にて、青と白の格子柄のコットン生地が「ギンガムチェック」という名で織られるようになったことがきっかけで、このような柄をギンガムチェックと呼ぶようになりました。

元々は、裏地として多く使用されていた柄ですが、現在では、ブラウス・ワンピース・ジャケットなど幅広く使用されています。とても爽やかで明るく、若々しいイメージの強い柄ですね。白とピンクや赤なら可愛い印象に。白と青なら、爽やかな印象に。白と黒なら、クールな印象になります。
93 件