妊娠したら知っておきたい食事のはなし~栄養素~

妊娠すると嬉しさと共に不安が出てくることが多いですよね。 ママは毎日これでいいのかなの連続だと思います。 妊娠中も今までの食生活のままで良いのかな。 どんなものを食べたら良いのかな。 赤ちゃんに必要なものはなんだろう。 そんな食生活に対する不安な気持ちを解消してハッピーな妊娠生活にしていくために、妊娠中に必要な栄養素についてまとめました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2016/09/29 公開 | 133 view

妊娠したら知っておきたい食事のはなし~栄養素~

栄養素とママの体の不思議

妊娠初期から出産の悩みや妊婦さんの不安を解決|AMOMAよみもの (195)

妊娠中に必要な栄養素には妊娠初期から必要になるものもあります。

この知識をママが知るころには必要な時期を過ぎているかもしれません。

そのため必要な栄養素が摂れていない、赤ちゃんがうまく育っていなかったらどうしようと不安に思うこともあるでしょう。

ここでは妊娠中に必要な栄養素を順に紹介していきますが、まず日本の食事で栄養素が極端に不足することはほぼないと言われているので安心してください。

さらに赤ちゃんの成長に必要な栄養素はママの体内から率先して赤ちゃんに送られるようにできています。

赤ちゃんがお腹に宿った瞬間から、ママは赤ちゃんを守っているのです。

妊娠するとよく聞く「葉酸」

美肌&健康に欠かせない「葉酸」の力! | キレイスイッチ (198)

葉酸とはビタミンB群の仲間で、納豆、ほうれん草、いちごなどに多く含まれます。
妊娠初期に特に必要とされ、赤ちゃんの体を作るのに重要な役割があります。

そのため赤ちゃんの脳や脊髄が正常に作られないなどの先天性異常が起こる危険性が低くなります。
また妊娠中期以降も貧血予防などに効果があります。

葉酸は水溶性ビタミンと呼ばれ、水に溶ける栄養素なのでゆでると栄養素が溶け出してしまいます。
そのためスープにするなど調理法を工夫することがおすすめです。

葉酸はサプリメントでも摂取できますが摂り過ぎは悪影響を及ぼすこともあるので用量はしっかりと守って服用しましょう。

「鉄分」で貧血を予防しよう

妊婦は鉄分を摂りましょう!妊婦に鉄分が不足しがちな原因と効果的な摂取方法などのくわしいまとめ|WELQ [ウェルク] (201)

鉄分は貧血を予防するために必要な栄養素で、ほうれん草、あさりなどに多く含まれます。

妊娠中は胎盤を通してママから赤ちゃんに血液を送っているので、血液内の鉄分が不足して貧血が起こりやすくなります。

貧血になるとめまいや動悸が起こり、さらに貧血が進むと赤ちゃんに十分な酸素が送られず、成長に影響を与えることがあります。

そのため、妊婦健診でも定期的に血液検査を行い、貧血になっていないか調べます。

貧血が食事で改善されない場合は鉄分の内服で治療することもできるので安心してくださいね。

「タンパク質」から体は作られる

【妊娠中の食事】積極的に摂りたい食べ物と避けたい食べ物とは?妊娠中に注意するポイントと妊婦におすすめレシピもご紹介!|WELQ [ウェルク] (204)

タンパク質は牛乳などの乳製品、大豆、赤身の肉や魚に含まれる、体を作る大切な栄養素です。

お腹の赤ちゃんの脳や筋肉もタンパク質から作られているので妊娠中は特に必要になります。

タンパク質には植物性と動物性がありますが、どちらの方がいいということはなく、バランス良く摂取することが望ましいと言われています。

毎日、同じ食品からタンパク質を摂取すると赤ちゃんのアレルギーの原因となることもあるので、バランスの良い食事を心がけ、毎日違う食材からタンパク質を摂取できるといいですね。

赤ちゃんの成長を促す「亜鉛」

妊娠中に不足しがちな“亜鉛”の摂り方 | パピマミ (207)

亜鉛は体内の300種類以上の酵素に必要な成分であり、しじみ、大豆食品などに多く含まれています。

葉酸と同様、赤ちゃんの体を作るために重要な栄養素で骨や皮膚の発育を促したり、免疫力を高めたりする働きがあります。

亜鉛が不足すると赤ちゃんの低身長、低体重などの発達障害、先天性異常の危険性があります。

亜鉛は人の体内では作ることができないと言われているので、毎日の食事で少しずつ摂取しましょう。

けれども亜鉛ばかり摂りすぎると鉄など他の栄養素がうまく吸収されないことがあるのでバランス良く栄養を摂っていけるといいですね。
31 件

関連する記事