初めての育児♡ちょっとしたことでも心配!赤ちゃんのお世話の疑問を徹底解説!

初めての育児は、小さいことやちょっとしたことでも心配になったり不安になったりします。 こんな時赤ちゃんは大丈夫?そんな疑問を徹底解説!! これであなたも心配や不安解消されて育児を楽しんで赤ちゃんのお世話ができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/02/23 公開 | 106 view

初めての育児♡ちょっとしたことでも心配!赤ちゃんのお世話の疑問を徹底解説!

おむつは、汚れたらすぐにかえた方がいいの?

 (38971)

おむつは、紙おむつと布おむつの2種類。
基本的には、おしっこのたびにかえてください。
紙おむつの場合は、おしっこ〇回分まで吸収できますなどと記載されている物もありますが、それはあくまでもそれだけのおしっこの量が吸収できるという意味でおむつをかえる目安ではありません。
長時間おむつをかえずに放っておくとおむつかぶれの原因になります。
新生児のうちは、頻繁におしっこやうんちをするので泣いている時や、起きたとき、授乳の前後にはおむつのチェックをした方が良いでしょう。

おむつかぶれを予防しましょう!

 (38981)

おむつのあたる部分だけにおこる皮膚の炎症のことをおむつかぶれといいます。
赤くただれてしまったり、ブツブツができたり、かゆみや痛みを伴うこともあります。
最近は、布おむつよりも紙おむつを使用する人が増えているのでおむつかぶれは、少なくなってきています。
しかし、長時間おむつをつけっぱなしにしているとおむつかぶれの原因になります。
予防するには、おむつをこまめにチェックしてかえること。
うんちの時は、シャワーなどで洗って清潔にしてあげたり、赤ちゃんのお尻はおしりふきできれいに拭いてあげましょう。
もしも症状がひどい場合は、小児科や皮膚科に早めに連れて行ってあげましょう!!

母乳やミルクを吐いている時どうしたらいい?

 (39000)

母乳やミルクを吐いて苦しそうな赤ちゃんを見るとすごく心配になります。
嘔吐は、咳に伴ってする場合と吐き気によるものです。
嘔吐を繰り返していると脱水症状になってしまいます。
少量ずつでもこまめに水分補給をすることが大切です。
脱水症状かどうかの確認の仕方は、おしっこの回数が減っていないか、よだれや涙が出ていないか、皮膚が乾燥していないかなどチェックしましょう。
生後2、3か月になると以前よりも母乳やミルクを飲まなくなったと心配するママたちも多いものです。
しかし、心配することはありません。
赤ちゃんは、生まれながらに備えていた吸啜反射ではなく、欲しければ飲み、欲しくなければ飲まないという自分の欲求に沿った対応をするようになるのです。
どうしても飲みが悪くておしっこの回数も減っているとき、体重も増加していない時は、小児科の先生にみてもらいましょう。
母乳を飲み、おしっこの回数も問題なく、体重が増えていればそこまで心配することはありません。

よくしゃっくりしてるけど大丈夫?

 (39006)

生後間もない赤ちゃんは、よくしゃっくりをします。
しかし、それをみたママはしゃっくりしてて大丈夫?苦しそうと心配になります。
実は、赤ちゃんは胎内にいるときから、しゃっくりやあくびをしているのです。
胎内では、10~15週以降から、あくびやしゃっくりによって横隔膜を鍛えて呼吸練習を始めています。
そのため、生まれてきてからもよくあくびやしゃっくりをします。
これは、胎内で繰り返していた呼吸練習の名残でしょう。
自然に止まるので心配しなくても大丈夫です。
時期がくればおさまってきます。

赤ちゃんの沐浴は毎日した方がいいの?

 (39034)

赤ちゃんは、新陳代謝が活発です。
生後2~3か月からは季節に関係なく汗をいっぱいかきます。
そのため、湿疹やあせもを防ぐために毎日お風呂に入れてあげましょう。
夏場は、1日に2、3回お風呂に入れてあげてもいいでしょう。
赤ちゃんの肌を清潔にしてあげましょう。
でも、赤ちゃんはのぼせやすくて湯冷めもしやすいので時間は5~10分程度を目安に!!
赤ちゃんのお風呂に時間は決まっていませんが、毎日同じぐらいの時間に入れてあげることで赤ちゃんの生活リズムが整います。
授乳後や赤ちゃんの様子を見て赤ちゃんの体調が悪い時は、避けましょう!
27 件

この記事を書いたキュレーター

関連する記事