出産する産婦人科は予約が必要?自分の希望に合った病院選びを!

少子化社会の現在、出産を扱っている産婦人科は年々減少しています。その影響から人気の産婦人科は分娩予約も早期に終了となってしまう傾向にあるようです。自分の希望に合った病院で出産をするには、妊活時期からの情報収集が肝心ということがわかりました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/02/10 公開 | 196 view

出産する産婦人科は予約が必要?自分の希望に合った病院選びを!

出産する産婦人科選びで迷うプレママ多し!

「出産」に関する写真|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (33034)

病院で妊娠の成立が確認されたら、近しい人たちに報告したり、母子手帳の交付を受けに行ったり…とプレママのやることリストが増えます。中でも一番の悩みどころとして「出産する産婦人科選び」があげられるのではないでしょうか?
このように、個人病院を中心に設備や入院中のサービスなどに力を入れているところもあり、入院する病院によって入院中の生活が大きく異なってくると言っても過言ではありません。
といっても、出産の経験のない、初産のプレママはどのような基準で出産する産婦人科を選べばよいのかわかりませんよね。そこで今回、いろんな角度から産婦人科選びについての情報をまとめてみました。プレママのみならず、妊活中の方も来るべき時に備えてぜひチェックしてみてくださいね。

人気の産婦人科は分娩予約も早期でいっぱいに

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (33035)

産婦人科では「分娩予約」という予約制度を設けている病院が多く、分娩予約をを入れていないとその病院では出産および産後の入院はできないようになっています。

基本的には安定期に入る妊娠12週~20週までの間に希望する病院で分娩予約をするのが一般的ですが、産婦人科が少ない地域や人気の病院であったりすると、妊娠が確定したのと同時に予約を入れないと定員オーバーで断られてしまうこともあるようです。
このように住んでいる地域などによっては、妊活中から病院選びを始めた方が良い場合もあるようです。最近は病院のホームページ上で分娩予約状況を更新している病院も多いですので、一度参考に見てみるのもよいでしょう。

まずは自分の希望をリストアップ

写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (33036)

具体的な病院探しを始める前に、自分がどのような病院で出産したいかを希望を明確にしておきましょう。

例えば、よくあげられる希望として
・自宅から近い
・個室の入院可
・母乳育児に積極的
・入院中に夫の宿泊もOK
・なるべく費用を抑えたい
などがあります。

また、2人目以降を出産するママであれば
・子連れ入院ができる
・院内に託児施設がある
などの上の子のケアを希望する声もあります。

その他には「ソフロロジー出産ができる」や「無痛分娩ができる」などの出産方法にこだわる方も多いようです。

このように、自分がリストアップした条件の中で優先順位をつけておくと、いくつかの病院で悩んだ時の判断材料になります。
40 件

関連する記事