乳がん検診40代から推奨なのはナゼ?20代30代はどうする?

最近は若い著名人の乳がんの報道が多く、「私も乳がん検診を受診したほうがいいの?」と不安に思った方も多いはずです。しかし、自治体などの乳がん検診は40代からを対象としており、どうして若い人の乳がんも増えているのに40代からなの?と不思議に思ってしまいます。実は、日本にはまだ若い年代の乳がん検診が有効との根拠がなく、逆に不利益の方が多いとされているそうです。今回はその理由をご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/01/18 公開 | 779 view

乳がん検診40代から推奨なのはナゼ?20代30代はどうする?

約12人に1人乳がんとはどんな病気なの?

Free photo: Decollete, Dekoltee, Ipad, Pad - Free Image on Pixabay - 1688448 (21678)

女性の約12人に1人が一生のうちに乳がんを患うと言われているくらい、乳がんはとても身近な病気です。

乳がんは基本的にはがんが出来るという点では、他のがんと同じです。
しかし乳がんは自分で発見できる唯一のがんです。

もし、がん細胞が出来てしまっていても、早期発見が出来ればゼロ期の状態で対処が出来るのです。

がん細胞は乳腺に出来るのですが、乳腺には血管もリンパ管もなく、早期に発見出来れば全身転移も免れます。
そしてきちんと腫瘍を治療出来れば、全身治療の抗がん剤を使用しなくても済むのです。

この早期発見と言われている時期を過ぎると、乳腺の構造を作っている基底膜を超えて、周囲の血管やリンパ管にがん細胞が入り込み、全身にがんが回ってしまう可能性も出てきます。
こうなると全身の抗癌剤治療やホルモン治療が必要になってきます。

乳がんが深刻化してからの治療は、お金はもちろんですが、恐怖や治療の辛さも更に大きくなります。

乳がんの検査方法とは

 (21684)

乳がんの検査方法には代表的なもので4種類あります。

◎診触診
目視で乳房の引きつれやくぼみが無いかを確認し、直接手でしこりがないか、リンパは腫れていないか、乳頭から血性の分泌物が出ないかを診察します。

◎マンモグラフィ検査
乳がんの検査で最初に行う検査で、乳房を2枚の板で挟んでX線を照射することでしこりになる前の小さな乳がんを発見します。
画像では、乳がんは白く写し出されます。
乳がんの早期発見に有効な検査と言われています。

◎超音波検査
高い周波数の音波を出して、乳房内部の様子をモノクロの画像として描出する検査です。
30歳より若い女性は乳腺が発達しており、マンモグラフィ検査では乳房全体が白く写り、乳がんかどうかの鑑別が出来ません。
そのため30代より若い女性は、超音波エコーによる検査が主流となります。

◎CT・MRI検査
CTはX線を、MRIは磁場を用いて検査します。
CTもMRIも画像上で人体を輪切りにして検査をする装置で、腫瘍の広がりや正確な位置を把握するために行われます。

乳がんの検査に費用はいくらかかるの?

Free photo: Euro, Seem, Money, Finance - Free Image on Pixabay - 870757 (21681)

乳がんの検診費用は、マンモグラフィや超音波の検査があるか無いか、個人検診、自治体検診によってそれぞれ金額が異なります。

40歳未満の女性は、自治体によって行われる市区町村の検診での費用負担はほとんどしてくれません。
そのため、全額自己負担になる可能性が高いです。

自分または夫の健康保険組合の制度に従って受診することも出来ますが、その場合も一部あるいは全額自己負担になる可能性があります。


一方、40歳以上の女性は自治体によって行われる市区町村の検診が2年に1度実施されているので、それを利用すると0円~3000円前後と比較的安い値段で検診を受けることが可能です。

全額自己負担で検査する場合は、マンモグラフィ検査は5000円前後、超音波検査は3500円前後と言われています。
これにプラスして診察代もかかってくるので、全体で15000円程度で行うことが出来るでしょう。

自治体や各医療機関に確認してから受診することをおすすめします。

20代30代には画像検診の有効性が低い!?

 (21682)

自治体が40代からの乳がん検診を推奨している中、20代30代も同じように乳がん検診を受けるべきではと思いますよね。

しかし、専門家の方たちはこの世代の乳がんは稀なため、がんが見つかること以上に検診のデメリットの方が明らかに大きくなるという理由から、月に1度のセルフチェックで問題ないと言っています。

それは何故なのでしょうか。

◎若い世代はマンモグラフィ検査の有効性が低い
若い年齢の方は、乳腺濃度が濃いため、マンモグラフィ検診を受けても乳がんを発見できないことも多いのだそうです。
超音波検査は乳腺濃度に影響は受けないとされていますが、実施する技術者によって差があるため、まだ死亡率が下げられるという結論まで至っていないそうです。

若い年齢で乳がん検診を受けても、正しく発見できる可能性は限られてくるということです。

「がんの疑い」とされ不安になる不利益も

 (21688)

ここで言う不利益とは「偽陽性」の問題です。
乳がん検診を受けると、ある一定の割合で「がんの疑いあり」と診断されます。
41 件