人気の粉ミルク主要6社の特徴や価格を徹底比較!赤ちゃんにぴったりを見つけよう♡

赤ちゃんの粉ミルクを選ぶときの基準はどうしていますか?まずはいろいろな粉ミルクを比較してみたいですよね。そこで、粉ミルクを販売している主要6社、6商品を比較してみました。粉ミルクを選ぶときのポイントもあわせてご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/06/25 公開 | 2297 view

人気の粉ミルク主要6社の特徴や価格を徹底比較!赤ちゃんにぴったりを見つけよう♡

粉ミルクを比較するにあたって

 (74832)

日本の粉ミルク(育児用ミルク)は、健康増進法の中の「乳児用調製粉乳たる表示の許可基準」で定められていて、基本的な成分はほとんど同じです。
赤ちゃんの成長のために必要なものは、どの粉ミルクにも入っているので安心して赤ちゃんにあげることができます。

粉ミルク(育児用ミルク)の基本的な成分が同じならなにを基準に選んだらいいのか悩んでしまいますよね。
選ぶ基準になるとしたら、付加価値(各社特徴的な成分や味)と価格が最初の基準になるでしょうか。

まずは、日本で販売されている粉ミルクがどれくらいあるかご紹介してみます。なお、この記事でご紹介する粉ミルクは、育児用ミルクです。アレルギー対応、ペプチド、フォローアップなどの粉ミルクは含まれていません。

粉ミルク主要メーカーは6社

 (74833)

日本で販売されている粉ミルクの主要メーカーは6社です。

*森永乳業(はぐくみ)
*明治(ほほえみ)
*グリコ(アイクレオ)
*雪印ビーンスターク(すこやか)
*雪印メグミルク(ぴゅあ)
*和光堂(はいはい)

購入方法はドラッグストアや赤ちゃん用品店、インターネット通販が主流ですかね。
各社各商品で味や特徴が違うので、赤ちゃんによって合う合わないが出てくるかもしれません。産院で使っていたものをそのまま使うというママも多いかもしれませんが、様々な理由からミルクを変えたいと思うママも多いとことでしょう。
せっかくいい粉ミルクが6商品もあるなら、その中からどれがわが子に合うのかしっかり吟味したいところです。

粉ミルク(育児用ミルク)主要メーカー6商品の比較表

はじめの表は、粉ミルクの成分を母乳と比較した表です。母乳は100ml分を、粉ミルクは調乳後のミルク100mlあたりの量です。母乳に一番近い量を青い太字にしてあります。
計算の方法は各メーカーの粉ミルク100gの表示成分を100ml作ったらどれくらいの量になるかを換算しています。

2つ目の表は、各社の粉ミルクの特徴的成分を比較した表です。こちらは粉ミルク100gあたりの量です。配合量が一番多いものを青い太字にしてあります。

参考にしてみてください。
粉ミルクの成分を母乳と比較した表

粉ミルクの成分を母乳と比較した表

青い太字を見ると、母乳と似た部分が多いものを見つけられます。似た部分の多さからいうと1番はグリコのアイクレオ、続いて森永乳業のはぐくみでしょうか。
via いちか
粉ミルク特徴的成分の比較表

粉ミルク特徴的成分の比較表

各社各商品、力を入れる部分の違いが見えてきますね。この比較も参考になるのではないでしょうか。
via いちか
では、それぞれの粉ミルクの特徴など詳しく見ていきましょう。

粉ミルクを比較①森永乳業(はぐくみ)

 (74634)

【森永乳業のはぐくみ】の特徴は【アラキドン酸】と【ラクトフェリン】が配合されていることが大きな特徴のひとつです。
アラキドン酸は同じく配合されているDHAといっしょに摂取すると、脳の発達よいとされているのだそうです。
ラクトフェリンは初乳にも含まれているもので、病気から赤ちゃんを守る役割をする成分といわれているのだそうです。

そして、配合されている成分は、母乳に含まれているそれに近づけた量での比率で配合されているのだそうで、より母乳に近づけるように作られているのだそうです。味としては、甘味は強めです。
46 件