学資保険のオススメ♪赤ちゃんのための学資保険を決めよう!

学資保険についてしっかり学ぼう!入ってよかったと思える学資保険のオススメの会社をご紹介します。 学資保険には様々なプランがありご家庭に合ったプランを選ぶことが重要です! 学資保険のメリットとデメリットをしっかりと理解して子供の将来の為にかかるお金を積み立てていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  
  •  

2017/01/29 公開 | 179 view

学資保険のオススメ♪赤ちゃんのための学資保険を決めよう!

学資保険とはどんなもの?

 (25477)

学資保険とどんなものなのか?
★学資保険★
子供の教育費などに掛かるお金を補助すること、教育資金が必要になると予め設定した時期に給付金としてまとまったお金を受け取ることができるものです。
生命保険と同様で、子供や親に万一のことがあった場合は、死亡保険金や病気やケガの治療に掛かる給付金が下りるものもあり、契約者が万一亡くなった場合には、それ以降の保険料が免除される保険です。
中には戻り金率が低いものもあるので検討する際は給付金をしっかりと確認するようにしましょう。

赤ちゃんが成人するまでにかかる費用とは?

 (25481)

赤ちゃんが成人するまでに必要な教育費の金額は1人当たり約1680万円というデーターが出ています。
もっとも安い高校まで公立幼小中高、国立大を卒業させるのに
子育て費+教育費で約2859万円(現在の貨幣価値、物価水準、学費換算で)となっています。
私立であればさらに金額が高くなります。
この他にも車校代やアパート代、通学費などがかかってきます。

学資保険を選ぶ際のポイントは?♪

 (25484)

学資保険のポイントは種類や満期の払い込みの年齢などが様々で、受け取れる金額やプランを変更できるものをご家庭に合った学資保険を選ぶことが重要です。
★学資保険を選ぶポイント★
1. 戻り金率が高いものを選ぶ。
2.払い込みの年数。
3.受け取れる金額。
4.医療保障がついているか。

赤ちゃんのための学資保険!

 (25487)

赤ちゃんのための学資保険!学資保険で重要なのは子供の今後の教育に必要な資金を積み立てるということです。
子供が行きたい高校や大学に行かせてあげるためにもどうしてもたくさんのお金が必要になってきます。
もしも自分が死んでしまったら、その後の保険料の払い込みが免除されるなど保障が付いているものが多いので安心です。
現代では若い夫婦も多く扶養の縛りがあり中々貯金額を増やしていくのが厳しい方も多いのではないでしょうか?
学資だけではなく医療保障のついている保険に入ればなおさら画期的ですね。

学資保険のメリットとデメリット

 (25554)

学資保険のメリットをご紹介します。
★学資保険のメリット★
1. 確実にお金を貯めることが出来る。
2. 定期貯金よりも利率が良い。
3. 万が一自身が死亡した際保険料免除がある。
4. 税金面で優遇される。
5. 税額控除を受けることができる。
学資保険に入るだけでこれだけのメリットがあります。
定期貯金より利率がいいことは嬉しいですよね。
ただしデメリットもあります。

★学資保険のデメリット★
1.インフレに弱い(預金金利は変動するが、加入時の予定利率で固定される)
2.長期的に資金が拘束されて、換金性が低い(途中解約すると元本割れする可能性が高い)
3.保険会社が破綻した時にペイオフがない

デメリットとしては上記に上げた3点があります。

学資保険のデメリットとメリットがわかればご家庭に合った貯金の仕方が見つかりますね。
42 件

この記事を書いたキュレーター